忍者ブログ
東京 都 世田谷 区 山本クリニックの美容外科はレーザー治療・レーザー外科が専門です。
[10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16]  [17]  [18]  [19]  [20
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板から。
「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」の「活性ビタミンD3(AVD3)治療」
の「過去の御相談と御回答」から。
ver・3-1

-------------------------------

「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」の
「毛孔性苔癬」の「ぶつぶつ」=「ふじつぼ」(あだ名です)
は「常染色体優性遺伝」。「大人になると治る」は迷信。
ケラチナミン・ウレパールなど「効果」はありません。
「活性ビタミンD3(AVD3)」外用薬は21世紀最大の
この難病の「治療戦略」です。
-------------------------------
「毛孔性苔癬:lichen pilaris:リヒェン・ピラーリス」の
「毛孔性苔癬」の「ぶつぶつ」=「ふじつぼ」(あだ名です)
は「常染色体優性遺伝」の「症状・症候」です。
 
「大人になると治る」は迷信です。

御母様にも「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」がおありであり
「皮膚科専門医先生」を「(5件以上になります)」と「5人」
以上の先生にも「診断」していただいたいたのであれば
「毛孔性苔癬:lichen pilaris:リヒェン・ピラーリス」に間違いありません。
一般に「皮膚科専門医先生」でなくても「普通の方でも」「判断」は容易です。

「活性ビタミンの治療というのがあるようですが
少しでもよくなるのであれば治療をうけたいです。
よろしくおねがいいたします。」との事です。
御相談者は「毛孔性苔癬:lichen pilaris:リヒェン・ピラーリス」
の「活性ビタミンD3(AVD3)」「治療戦略」のことを
御相談されていると解釈致します。
 
「活性ビタミンD3(AVD3)」は
「毛孔性苔癬:lichen pilaris:リヒェン・ピラーリス」=
「毛孔性角化症:keratosis pilaris:ケラトーシス・ピラーリス」
の最も有効性に富んだ「治療戦略」であると今の私は考えます。


「ビタミンD3外用薬」は1985年に
日本人により「毛孔性角化症」(keratosis pilaris)=
「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」(lichen pilaris)
への薬効が確認されたものです。
まだ「20年」しかたっていません。
 
けれども「外国」=「特に北欧」での治療効果報告
から世界的に「極めて有名」となりました。

「毛孔性苔癬:lichen pilaris:リヒェン・ピラーリス」の「治療戦略」
として
「活性型ビタミンD3」外用薬は
「21世紀最大の意外性に富んだ外用薬」であると今の私は考えます。


1・
「過去の御相談と御回答」の「最も最近の1例」
御相談と御回答を全文コピー致します(一部編集・省略)

2・
そしてこれまでの
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から。
「28件」をを御参考になればと考え
御相談者の御相談文面と「御相談のURL」を
御記載致します。
++

-5・
毛孔性苔癬について深刻に悩んでいる24歳の男です。
 [2] [2007年 8月19日 15時20分41秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/572059381594048.html

から
23・「毛孔性角化症治療 [2] [2003年 8月12日 13時16分 5秒]」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/813675481434078.html
でまです。
++

「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」=もうこうせいたいせん
の「活性ビタミンD3(AVD3)治療」の
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板の
「過去の御相談と御回答」の「編集」で御座います。

さらに改定を行っていきます。
よみつらい点等御容赦下さいますように。

 

山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から

「-5・
毛孔性苔癬について深刻に悩んでいる24歳の男です。
 [2] [2007年 8月19日 15時20分41秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/572059381594048.html

の最近の事例の「過去の御相談と御回答」として全文コピー(下記)
です。
まずはひとまず御読み下さい。
御参考になれば何よりです。


★★★
一番皆様が気にされる「どのくらいよくなるか」
ですが。
今現在「活性ビタミンD3(AVD3)治療」で通院されている
患者さんで
終了直前の平均では
1・
「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」=もうこうせいたいせん
の「ぶつぶつ」が1/100治っている。
(最初の初診時の「ぶつぶつ」の「症状・症候」を100
とすると)
2・
「茶色」が5-3/100治っている。
(最初の初診時の「ぶつぶつ」の「茶色」の「色素沈着」の
「症状・症候」を100
とすると)
くらい「よくなられていらっしゃいます」。

また
「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」=もうこうせいたいせんの
患者さんは
 [活性ビタミンD3(AVD3)]に加えて
「ハイドロキノンクリーム:hydroquinone cream」にての
「Bleaching cream:漂白クリーム」治療もされる
かたが多いです。
(「御費用」は「Bleaching cream:漂白クリーム」は
 [活性ビタミンD3(AVD3)]とはまた別途になります)
★★★


★★

山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html

「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」の
「活性ビタミンD3(AVD3)治療」
に関する過去の「御相談と御回答」の「一部」として。
下記の「御相談文章」のみを「ごらんください」に御記載致します。

とりわけ最新の御相談である
「-5・
毛孔性苔癬について深刻に悩んでいる24歳の男です。
 [2] [2007年 8月19日 15時20分41秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/572059381594048.html
」に関しましては
途中「過去の御相談と御回答」として全文コピー致します。
ながくよみづらいかもしれませんが
御参考になれば何よりです。
=>
御注意下さい。
この「全文コピーのなかにも
「過去の御相談と御回答」の引用」があります。
-------------------------------
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から
1・
小さい頃から肘から肩までのぶつぶつに悩み諦めていた所でした!
[2] [2007年 7月21日 19時26分27秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/33134655056438.html
2・
「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」の「活性ビタミンD3(AVD3)治療」特集・2
 [2] [2007年 7月15日 12時54分56秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/0383614714528484.html
をぜひとも御参照頂けますか。
=>
重要部分をコピー致します。
「1・」
「ごらんくださいませ1★★★」
「2・」
「ごらんくださいませ2★★★」

-------------------------------
で御座います。

+++++++++++++++++++++++++++++++++
「ごらんください」
御心配でしょう。御気持ちは大変よく判ります。

 


++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。


「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」の
「毛孔性苔癬」の「ぶつぶつ」=「ふじつぼ」(あだ名です)
は「常染色体優性遺伝」。「大人になると治る」は迷信。
ケラチナミン・ウレパールなど「効果」はありません。
「活性ビタミンD3(AVD3)」外用薬は21世紀最大の
この難病の「治療戦略」です。

「毛孔性苔癬:lichen pilaris:リヒェン・ピラーリス」の
「毛孔性苔癬」の「ぶつぶつ」=「ふじつぼ」(あだ名です)
は「常染色体優性遺伝」の「症状・症候」です。
 
「大人になると治る」は迷信です。

御母様にも「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」がおありであり
「皮膚科専門医先生」を「(5件以上になります)」と「5人」
以上の先生にも「診断」していただいたいたのであれば
「毛孔性苔癬:lichen pilaris:リヒェン・ピラーリス」
に間違いありません。
一般に「皮膚科専門医先生」でなくても「普通の方でも」
「判断」は容易です。

不安で不安で仕方ありません。
「どうかよろしくお願いします。」
=>
下記に御回答致しました。
うまくご説明できているるとよろしいのですが。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「活性ビタミンD3(AVD3)治療」に用いる
「活性ビタミンD3(AVD3)」は
「3種類」ありますが
「タカルシトール」「マキサカルシトール」「カルシポトリオール」
の「3種類」です。
最も適切な「活性ビタミンD3(AVD3)」は
「カルシポトリオール」であると考えます。

面積が広いと1日に用いる「活性ビタミンD3(AVD3)」
の「ドース:dose」に反映されますから
「上肢」のみとか「部位と範囲」を定められて
「活性ビタミンD3(AVD3)治療」を
はじめられるのが
宜しいと今の私は考えます。

 


下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++

 

 

 

 

 


#1
##1

はじめまして、毛孔性苔癬について
深刻に悩んでいる24歳の男です。

近所の皮膚科は尿素軟膏を処方するだけで当てにならず
ネット散々情報収集した結果
こちらが一番毛孔性苔癬について詳しいと思い質問させていただきます。

 

範囲は背中と二の腕が酷く、肩と最近では手首あたりにも
ちらほら出来ています。
ざらざら感よりも褐色調の色素沈着で悩んでいます。
治療方法はいろいろあるようですが

どれが良いのでしょうか?

①日焼け
②ピーリング(AHAよりもサリチル酸マクロゴールが良いらしい)
③レーザー脱毛
④こちらの活性型ビタミンD3の治療
ハイドロキノンの塗布も色素沈着に良いらしいですね。

 
一回毛孔性苔癬が出来て色素沈着になってしまった場合、
もうとれないのでしょうか?
増える一方なのでしょうか?

 
又、これから毛孔性苔癬の色素沈着の数が増えないようにするには
どうしたら良いでしょうか?
予防法等ありましたら教えてください。

現在自分で行っているのはピーリング石鹸で洗うことと
尿素入り軟膏を塗ることです。

どちらかというと今の状況より将来もっと
酷くならないかがとても心配です。

母が二の腕に出来ていたらしいのですが
40歳の現在は跡形もありません。

母の症状は二の腕だけだったらしいのですが
親の症状が軽い場合、自分もそんなに
酷くならないでしょうか?


不安で不安で仕方ありません。
どうかよろしくお願いします。」
との事です。

 

 

 

#2
##1
「毛孔性苔癬について
深刻に悩んでいる24歳の男です。

近所の皮膚科は尿素軟膏を処方するだけで当てにならず
ネット散々情報収集した結果
こちらが一番毛孔性苔癬について詳しいと思い質問させていただきます。」
=>
有難うございます。

##2
私は「インターネット」で「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」=もうこうせいたいせん
でどのような「情報」が飛んでいるのか
「見た事もないので」「google検索」で
毛孔性苔癬で検索して様相を拝見致しました。

##3
「美容外科FAQでの御相談」や「質問回答サイト」などのを
拝見致しましたが
適切な表現が思い浮かばないのですが
「とても間違いが多い」
ので愕然といたしびっくりも致しました。

##4
結局なやまれているかたが「症状・症候」の情報と
なやまれているかたに御回答されるかたが
「プロ」ではない。
結果
「50年前」の知識=「今現在皮膚科の医学生用の教科書にかいてあること」
を「なんらかの方法で引用されていく回転」の中で
「怖く危険な間違い」が「増幅されているように思えます」。

 

 

#3-1
##1
「範囲は背中と二の腕が酷く、肩と最近では手首あたりにも
ちらほら出来ています。
ざらざら感よりも褐色調の色素沈着で悩んでいます。
治療方法はいろいろあるようですが

どれが良いのでしょうか?

①日焼け
②ピーリング(AHAよりもサリチル酸マクロゴールが良いらしい)
③レーザー脱毛
④こちらの活性型ビタミンD3の治療
ハイドロキノンの塗布も色素沈着に良いらしいですね。」
との事です。

##2
これは「手前味噌」ではないのです。
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

##3
今現在私の「知識と現実性」のなかで
「活性ビタミンD3(AVD3)治療」そして
「活性ビタミンD3(AVD3)治療」以外
には
「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」=もうこうせいたいせん
の根治療法としての「治療戦略」はないと考えます。

##4
概ね週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」=
「4分の一皮膚のターン・オーバー」
でチエック+病院でのコンタクトのもとに
「コンタクト」をし続けるわけですが。
確実に消えていきます。

##5
「活性ビタミンD3(AVD3)治療」に用いる
「活性ビタミンD3(AVD3)」が「極めて高額な外用薬」
であるという点があります。

##6
けれども
「活性ビタミンD3(AVD3)」が
けれども高額であるということは「欠点」でもなければ「短所」
でもありません。


##7
##3の
「Bleaching cream therapy:漂白治療」=「ブリーチング・セラピー」
としての
「ハイドロキノンクリーム:hydroquinone cream」

「活性ビタミンD3(AVD3)治療」との
併用は。

##8
「完成された」「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」=もうこうせいたいせん
の「治療戦略」であると今の私は考えます。

 

 

 

#3-2
##1
「範囲は背中と二の腕が酷く、肩と最近では手首あたりにも
ちらほら出来ています。
ざらざら感よりも褐色調の色素沈着で悩んでいます。
治療方法はいろいろあるようですが

どれが良いのでしょうか?

①日焼け
②ピーリング(AHAよりもサリチル酸マクロゴールが良いらしい)
③レーザー脱毛
④こちらの活性型ビタミンD3の治療
ハイドロキノンの塗布も色素沈着に良いらしいですね。」
との事です。


##2
「どれが良いのでしょうか?

①日焼け
②ピーリング(AHAよりもサリチル酸マクロゴールが良いらしい)
③レーザー脱毛
④こちらの活性型ビタミンD3の治療
ハイドロキノンの塗布も色素沈着に良いらしいですね。」
との事です。

##3サリチル酸マクロゴール
どれが良いのでしょうか?

##3
=>#4以後順に御回答致します。

 

 

#4
##1
①日焼け
=>
してはいけない。しても意味がない。
「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」=もうこうせいたいせん
「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」もうこうせいたいせん・もうこうせいかくかしょう・うでのぶつぶつ・
の「ぶつぶつ」の「メラニン色素系の「病態」」
の「色」のある「御肌の地色」:バック・スキン・カラー・[BSC(back skinn color)」
を「日焼け」で目立たなくさせる・
とうことでしょうか。
=>
だめです。してはいけません。
=>##2

##2
その昔
「紫外線治療」という分野が美容外科(美容整形の時代)
に「欧米」にも日本にもありました。
「「紫外線」照射により「しわ」ものびる・「にきび」も「にきび痕」
も治る」という「治療戦略」です。
確か昭和20-30年初頭までであったと記憶しています。
=>
この時代今現在でいう美容皮膚科の先生は
「できるだけ」日焼けを積極的にと患者さん
に指導していました。
=>
その「名残:なごり」です。
=>
「日焼け」

##3
「日焼け」よいどころか。
紫外線は皮膚にさまざまな影響を及ぼします。
=>
弾性繊維の変性により皮膚は張りと柔らかさを失います。
深い「しわ」の原因になります。慢性的な「色素沈着」は
「肝斑:かんぱん:chloasma」や老人性色素沈着症や
基底細胞癌を惹起致します。

##4
紫外線に暴露すればするほど皮膚は確実に障害され老化致します。

##5
「①日焼け」間違ってもしてはいけません。

 

 

 

#5
##1
②ピーリング(AHAよりもサリチル酸マクロゴールが良いらしい)
=>
「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」=もうこうせいたいせんの
「毛孔性苔癬」の「毛孔周囲のぶつぶつ」=「ふじつぼ」(あだ名です)
には
ありとあらゆる
「ピーリング」は「効果」はありません。

##2
「ピーリング」(皮むき)
とりわけ
「ケミカル・ピーリング:chemical peeling」の定義は
「皮膚に化学物質を塗布してその作用により表面を一定の深さで剥奪
させること」
です。
極めて沢山の「ピーリング」処方はあるが
要は「テクニック」です。

##3
「ピーリング(AHAよりもサリチル酸マクロゴールが良いらしい)」
との事ですが「よいらしい」とは「どのような意味」でしょう?
=>
「○より△がよい」ということは
「△は○より悪い」という論理です。
また
「内容的」に「主語」がありません。
お気づきですか。
=>
「ケミカル・ピーリング:chemical peeling」は
「基剤・或は薬剤依存性の「治療戦略」」では
あるけれども。
「ピーリング」という
「テクニック」があり初めて「ピーリング」は
「効果」を発揮するし
「テクニック」がなければ「効果」は期待できません。

論理的「矛盾」があるように思われます。
=>##4

##4
「よい」を「注目されている」という意味にか。
御相談者の内面で
「評価」する「錯覚」されているように思います。
そして
「ピーリング」施術者の「特性:むきふむき」が
ありますが。
これに敷衍(ふえん)されてはおりません。

##5
美容外科・形成外科医師は
「ケミカル・ピーリング:chemical peeling」
の勉強は「いやというほどさせられます」
=>##6

 

##6
「ケミカル・ピーリング:chemical peeling」の歴史に
若干触れておきます。

-------------------------------

1・
1882
Unna:サリチル酸・レゾルシン・フエノール・およびTCAについて記。
2・
1905
Fox:「顔面皮膚」の「色素斑」にフエノールを使用
3・
1927
Bemas:美顔のためにレゾルシノールと密封フエノールを併用
4・
1932-1952
Mackee:「瘢痕:はんこん」にフエノール
5・
1941
Eller&Woff:イオウ・レゾルシノール・サリチル酸・フエノールローション・
CO2・スラッシュ
6・
1945
Monash:TCAピーリング
7・
1946
Urkov:レゾルシノール・乳酸・サリチル酸・フエノール・カンタリジン
8・
1960
Combes:緩衝液フエノール
9・
1960
Broun:フエノール組織と緩衝処方
10・
Ayres:日光角化症にTCA
11・
1961
Baker&Gordon:フエノール処方・鹸化
12・
1962
Litton:フエノール処方・不鹸化
13・
1965
Sperber:緩衝フエノール処方
14・
1976
Resnik,Lewis&Cohen:TCAピーリング
15・
1980-1982
Stegman:創傷剤の組織学的比較
16・:
1984
Van Scott &Yu
αーヒドロキシ酸(AHA)
17・
1986
Brody&Hailey:中間深層ピーリング
18・
1989:Monheit:中間深層ピーリングの変法
19・
1989
Moy:浅層ピールとしてグルコール酸の有効性を第6回日本日本臨床皮膚科学会で紹介
20・
1992
Swinehart:50%サリチル酸軟膏にクロトン油1-2滴加えた軟膏で密封法を行う
21・
1994
Coleman&Futrell:中間深層ピーリング変法
22・
1996
Kligman:30%サリチル酸エタノール溶液
23・
1999
上田:30%サリチル酸マグコロールクリーム
他・「省略」
-------------------------------

##7
「②ピーリング(AHAよりもサリチル酸マクロゴールが良いらしい)」
=>
「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」=もうこうせいたいせん
には「ピーリング」は「効果」はありません。

##8
また
御相談者が形成外科技法や美容外科技法で
「ピーリング」を「御自分」で評価する
お考えがあれば
「1・
1882
Unna:サリチル酸・レゾルシン・フエノール・およびTCAについて記。」
から
「23・
1999
上田:30%サリチル酸マグコロールクリーム」
までは「年号」はともかく
「暗記」されていてしかるべきです。

##9
因みに私は上記の「ピーリング」の歴史は
「暗記」したつもりはありません。
思い出すままに「覚えている通りに御記載」
致しました。
だから正確な年号は極めて「わずかの誤差」は
あるかもしれません。

##10
いずれにせよ御参考になれば何よりです。

 

 

 

 

 

#6
##1
「③レーザー脱毛」
との事です。


##2
「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」=もうこうせいたいせんの
「毛孔性苔癬」の「毛孔周囲のぶつぶつ」=「ふじつぼ」(あだ名です)は
多数・無数にあるものです。

##3
その一つ一つに「レーザー光ビーム」を
「レーザー光照射」を行えば不可能ではありません。
不可能ではありませんが「現実的には時間的・費用的」に
無理でしょう。

##4
レーザー治療・レーザー外科に関して
意外と「知られていない」ことですが
俗にいう「脱毛レーザー:LASER」は存在しません。
「レーザー光照射」による「やけど」は「熱傷」=「burn:バーン」で
「毛根ごと皮膚を破壊」致します。

##5
例えば「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」の多くは
俗にいう「「脱毛レーザー」とされています。
けれども
通常の「超高性能Qスイッチレーザー」に比較すれば
「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」
「Qスイッチ」=「キュースイッチ」の「1ショット時間」=「パルス幅」」
は長く「1ショット時間」が「10億分の200秒」くらい
です。
また
「short-pulse アレキサンドライトレーザー」=
「ショートパルスアレキサンドライトレーザー」」
が俗にいう脱毛には好まれます。

##6
「レーザー光照射」による
「やけど」は「熱傷」=「burn:バーン」で「毛根ごと皮膚を破壊」
するのに便利であるからです。

##7
俗にいう「脱毛レーザー:LASER」は存在しません。

##8
だから
「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」=もうこうせいたいせんに
「脱毛レーザー」では「不可能」です。

 

 

 


#7-1
##1
「④こちらの活性型ビタミンD3の治療
ハイドロキノンの塗布も色素沈着に良いらしいですね。」
との事です。

##2
「活性ビタミンD3(AVD3)」は
21世紀の「最も意外性に富んだ「外用薬」と呼称されます。

##3
「活性ビタミンD3(AVD3)」は 「ビタミンD」を人
間が摂取したときに生体内でできる「活性物質」です。

##4
極めて高額ですが綺麗になられます。

##5
「ハイドロキノンの塗布も色素沈着に良いらしいですね。」
との事です。

##6
「ハイドロキノン:hydroquinone」は
「トレチノイン(オールトランスレチノイン酸)クリーム:tretinoin cream」
と並んで
非常に優秀な
「Bleaching cream therapy:漂白治療」=「ブリーチング・セラピー」
の薬剤です。
=>
「ハイドロキノン:hydroquinone」は
「塗布」は致しません。
=>
「ハイドロキノン:hydroquinone」は
「ハイドロキノンクリーム:hydroquinone cream」=
「親水性難航:しんすいせいなんこう」として
調剤致します。
=>
「ハイドロキノン:hydroquinone」が
「親水性難航:しんすいせいなんこう」ではなく
「軟膏=ワセリン・ベース=「吸水性軟膏;きゅうすいせいなんこう」」=俗にいう「軟膏」
で調剤されている場合は
御注意下さい。
=>
「ハイドロキノンクリーム:hydroquinone cream」
に調剤するのが正しいです。

 

 


#7-2
##1
「④こちらの活性型ビタミンD3の治療
ハイドロキノンの塗布も色素沈着に良いらしいですね。」
との事です。


##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」=もうこうせいたいせん
には
1・
3つの活性ビタミンD3(AVD3)の外用薬をどのように
お肌=皮膚と接触させるか。=「コンタクト」
2・
またどのくらいの分量の「活性ビタミンD3(AVD3)」
を使用するか。=「ドース:dose」
=>「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」=もうこうせいたいせん
の面積により「ドース:dose」は変わります。
当然のことながら面積がひろければ
「活性ビタミンD3(AVD3)治療」に用いる
「活性ビタミンD3(AVD3)」の「ドース:dose」
は変化致します。

3・
また一日に何回塗ったらよいか。=「ローテーション」
=>
「デイ・コンtクト:day-contact」
「ナイト・コンタクト:naight contact」
のいずれかで「コンタクト:contact」を行います。


##3
具体的には
週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」=
「4分の一皮膚のターン・オーバー」
ごとに病院での「コンタクト:contact」を行い
「病態」をチエック致します。
「活性ビタミンD3(AVD3)」は塗るだけでは
「コンタクト:contact」になりません。
「ドレッシング・テクニック」が必要です。

##4
そして
週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」=
「4分の一皮膚のターン・オーバー」
で20回(日)くらい以上
「活性ビタミンD3(AVD3)治療」をされるかたが
多いですが
「30回数(日)」「40回数(日)」のかたも
「症状・症候」や「部位と範囲」によりいらっしゃいます。

##5
「活性ビタミンD3(AVD3)治療」で
「活性ビタミンD3(AVD3)」を「コンタクト:contact」
していない時間帯は
「Bleaching cream therapy:漂白治療」=「ブリーチング・セラピー」
として
「ハイドロキノンクリーム:hydroquinone cream」を
「塗り塗り法:ぬりぬり法」で塗ります。

##6
「活性ビタミンD3(AVD3)」は「ドレッシング・テクニック」
が必要でシリコンガーゼでおおう「半密封法」が必要ですから
夏場では「デイ・コンtクト:day-contact」は
「長袖がきれないと困難」です。
このような場合
「ナイト・コンタクト:naight contact」に
切り替えます。

 

 

 

#8
##1
「一回毛孔性苔癬が出来て色素沈着になってしまった場合、
もうとれないのでしょうか?」
=>
残念ながら「とれません」
「成人すれば消える」は「うそ」です。

##2
「増える一方なのでしょうか?」
=>
20歳から40歳くらいまで「ふえることがあります」。
「40歳くらい」で
「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」=もうこうせいたいせん
は「増殖はとまります」
=>
けれども消えることはありません。
=>
「高齢化し「皮膚の「萎縮(いしゅく)」」で
うすくなるようにみえることはあります。
=>
だから
「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」=もうこうせいたいせん
は「おちいさいときと「活性ビタミンD3(AVD3)治療」」
ほど「お若いうちほど反応は早いです」

##3
「又、これから毛孔性苔癬の色素沈着の数が増えないようにするには
どうしたら良いでしょうか?」
=>
「予防法等ありましたら教えてください。」
=>
「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」=もうこうせいたいせん
に関しては
「症状・症候」の「予防法」はないのです。
このような御回答しか出来ません。申し訳ございません。

##4
「現在自分で行っているのはピーリング石鹸で洗うことと
尿素入り軟膏を塗ることです。」
=>
残念ながら
「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」=もうこうせいたいせん
の「病態」の「治療戦略」にはなりません。

##5
「どちらかというと今の状況より将来もっと
酷くならないかがとても心配です。」
=>
「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」=もうこうせいたいせん
の「症状・症候」は
お若いほど「軽いです」。


##6
「母が二の腕に出来ていたらしいのですが
40歳の現在は跡形もありません。

母の症状は二の腕だけだったらしいのですが
親の症状が軽い場合、自分もそんなに
酷くならないでしょうか?」
=>
「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」=もうこうせいたいせん

「染色体優勢遺伝」ですから「御父様」或は「御母様」が
「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」=もうこうせいたいせんを
お持ちであれば
かならずや「「御子息様」或は「御嬢様」」には
出現致します。
=>##7

##7
「「母が二の腕に出来ていたらしいのですが
40歳の現在は跡形もありません。

母の症状は二の腕だけだったらしいのですが」
=>
「ときどきこのような事例はあります」
=>
皮肉にもこのような事例のときほど
「御子息様」「御嬢様」の「症状・症候」は
「加齢(aging)」による「消退:sreduction:リダクション」
がありません。

 

 

 

 

 

 

#9結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
不安で不安で仕方ありません。
「どうかよろしくお願いします。」
=>
上記御回答致しました。

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「活性ビタミンD3(AVD3)治療」に用いる
「活性ビタミンD3(AVD3)」は
「3種類」ありますが
「タカルシトール」「マキサカルシトール」「カルシポトリオール」
の「3種類」です。
最も適切な「活性ビタミンD3(AVD3)」は
「カルシポトリオール」であると考えます。

##4
面積が広いと1日に用いる「活性ビタミンD3(AVD3)」
の「ドース:dose」に反映されますから
「上肢」のみとか「部位と範囲」を定められて
「活性ビタミンD3(AVD3)治療」を
はじめられるのが
宜しいと今の私は考えます。

##5
もう
お読みになられたとは思いますが
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から
1・
小さい頃から肘から肩までのぶつぶつに悩み諦めていた所でした!
[2] [2007年 7月21日 19時26分27秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/33134655056438.html
2・
「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」の「活性ビタミンD3(AVD3)治療」特集・2
 [2] [2007年 7月15日 12時54分56秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/0383614714528484.html
をぜひとも御参照頂けますか。
=>
重要部分をコピー致します。
「1・」
「ごらんくださいませ1★★★」
「2・」
「ごらんくださいませ2★★★」

##6
この御回答が何がしかのお役に立てば何よりで御座います。

##7
綺麗に治したいですね。

 

 

上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


小さい頃から肘から肩までのぶつぶつに悩み諦めていた所でした!
[2] [2007年 7月21日 19時26分27秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/33134655056438.html

++「ごらんくださいませ1★★★」++++++++++++++++++++++++
小さい頃から肘から肩までのぶつぶつに悩み諦めていた所でした!
[2] [2007年 7月21日 19時26分27秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/33134655056438.html
-------------------------------
=>


「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」の
「毛孔性苔癬」の「ぶつぶつ」=「ふじつぼ」(あだ名です)
は「常染色体優性遺伝」。「大人になると治る」は迷信。
ケラチナミン・ウレパールなど「効果」はありません。
「活性ビタミンD3(AVD3)」外用薬は21世紀最大の
この難病の「治療戦略」です。
-------------------------------
「毛孔性苔癬:lichen pilaris:リヒェン・ピラーリス」の
「毛孔性苔癬」の「ぶつぶつ」=「ふじつぼ」(あだ名です)
は「常染色体優性遺伝」の「症状・症候」です。
 
「大人になると治る」は迷信です。

御母様にも「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」がおありであり
「皮膚科専門医先生」を「(5件以上になります)」と「5人」
以上の先生にも「診断」していただいたいたのであれば
「毛孔性苔癬:lichen pilaris:リヒェン・ピラーリス」に間違いありません。
一般に「皮膚科専門医先生」でなくても「普通の方でも」「判断」は容易です。

「活性ビタミンの治療というのがあるようですが
少しでもよくなるのであれば治療をうけたいです。
よろしくおねがいいたします。」との事です。
御相談者は「毛孔性苔癬:lichen pilaris:リヒェン・ピラーリス」
の「活性ビタミンD3(AVD3)」「治療戦略」のことを
御相談されていると解釈致します。
 
「活性ビタミンD3(AVD3)」は
「毛孔性苔癬:lichen pilaris:リヒェン・ピラーリス」=
「毛孔性角化症:keratosis pilaris:ケラトーシス・ピラーリス」
の最も有効性に富んだ「治療戦略」であると今の私は考えます。


「ビタミンD3外用薬」は1985年に
日本人により「毛孔性角化症」(keratosis pilaris)=
「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」(lichen pilaris)
への薬効が確認されたものです。
まだ「20年」しかたっていません。
 
けれども「外国」=「特に北欧」での治療効果報告
から世界的に「極めて有名」となりました。

「毛孔性苔癬:lichen pilaris:リヒェン・ピラーリス」の「治療戦略」
として
「活性型ビタミンD3」外用薬は
「21世紀最大の意外性に富んだ外用薬」であると今の私は考えます。
ある「過去の御相談と御回答」の「最も最近の1例」
御相談と御回答を全文コピー致します。

そしてまでの「過去の御相談と御回答」「26件」をを御参照
になればと考え
御相談者の御相談文面と「過去の御相談と御回答」のURLを
御記載致します。
-3・
「毛孔性苔癬」の「活性ビタミンD3(AVD3)治療」の「御費用
[2] [2006年11月28日 18時53分 5秒]  
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/138933869385259.html

から
23・「毛孔性角化症治療 [2] [2003年 8月12日 13時16分 5秒]」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/813675481434078.html
です。

「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」=もうこうせいたいせん
の「活性ビタミンD3(AVD3)治療」の
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板の
「過去の御相談と御回答」の「編集」で御座います。

さらに改定を行っていきます。
よみつらい点等御容赦下さいますように。

 


「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」=もうこうせいたいせん
の「活性ビタミンD3(AVD3)治療」の
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板の
「過去の御相談と御回答」の「編集」で御座います。

さらに改定を行っていきます。
よみつらい点等御容赦下さいますように。
「-3・
「毛孔性苔癬」の「活性ビタミンD3(AVD3)治療」の「御費用
[2] [2006年11月28日 18時53分 5秒]  
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/138933869385259.html
の最近の事例の「過去の御相談と御回答」として全文コピー(上記)
です。
まずはひとまず御読み下さい。
御参考になれば何よりです。


★★★
一番皆様が気にされる「どのくらいよくなるか」
ですが。
今現在「活性ビタミンD3(AVD3)治療」で通院されている
患者さんで
終了直前の平均では
1・
「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」=もうこうせいたいせん
の「ぶつぶつ」が1/100治っている。
(最初の初診時の「ぶつぶつ」の「症状・症候」を100
とすると)
2・
「茶色」が5-3/100治っている。
(最初の初診時の「ぶつぶつ」の「茶色」の「色素沈着」の
「症状・症候」を100
とすると)
くらい「よくなられていらっしゃいます」。

また
「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」=もうこうせいたいせんの
患者さんは
 [活性ビタミンD3(AVD3)]に加えて
「ハイドロキノンクリーム:hydroquinone cream」にての
「Bleaching cream:漂白クリーム」治療もされる
かたが多いです。
(「御費用」は「Bleaching cream:漂白クリーム」は
 [活性ビタミンD3(AVD3)]とはまた別途になります)
★★★


★★
-3・
「毛孔性苔癬」の「活性ビタミンD3(AVD3)治療」の「御費用
[2] [2006年11月28日 18時53分 5秒]  
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/138933869385259.html
途中「過去の御相談と御回答」として全文コピー(上記)
です。
+++++++++++++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。
 
「毛孔性苔癬:lichen pilaris:リヒェン・ピラーリス」の
「毛孔性苔癬」の「ぶつぶつ」=「ふじつぼ」(あだ名です)
は「常染色体優性遺伝」の「症状・症候」です。
 
「大人になると治る」は迷信です。

御母様にも「毛孔性苔癬」=「毛孔性角化症」がおありであり
「皮膚科専門医先生」を「(5件以上になります)」と「5人」
以上の先生にも「診断」していただいたいたのであれば
「毛孔性苔癬:lichen pilaris:リヒェン・ピラーリス」に間違いありません。
一般に「皮膚科専門医先生」でなくても「普通の方でも」「判断」は容易です。

「活性ビタミンの治療というのがあるようですが
少しでもよくなるのであれば治療をうけたいです。
よろしくおねがいいたします。」との事です。
御相談者は「毛孔性苔癬:lichen pilaris:リヒェン・ピラーリス」
の「活性ビタミンD3(AVD3)」「治療戦略」のことを
御相談されていると解釈致します。
 
「活性ビタミンD3(AVD3)」は
「毛孔性苔癬:lichen pilaris:リヒェン・ピラーリス」=
「毛孔性角化症:keratosis pilaris:ケラトーシス・ピラーリス」
の最も有効性に富んだ「治療戦略」であると今の私は考えます。


「ビタミンD3外用薬」は1985年に
日本人により「毛孔性角化症」(keratosis pilaris)=
「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」(lichen pilaris)
への薬効が確認されたものです。
まだ「20年」しかたっていません。
 
けれども「外国」=「特に北欧」での治療効果報告
から世界的に「極めて有名」となりました。

「毛孔性苔癬:lichen pilaris:リヒェン・ピラーリス」の「治療戦略」
として
「活性型ビタミンD3」外用薬は
「21世紀最大の意外性に富んだ外用薬」であると今の私は考えます。
 
綺麗に直したいですね。
 
下記に順を追って御回答致します。

「ごらん下さいませ1おわりおわり★★★」

 


PR

これはさぞかしにご心配なことと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

 

++++++++++++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

大変に的を射られた御相談で感心致しました。


「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
による
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「症状・症候」の。

「「毎週1回(日)照射」のペース」での
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の消えていく経過についての
御相談と解釈致しました。


「私は酒さのどのようなタイプでどのようにレーザーで
治るのでしょうか。」
=>
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」+
「こめかみ酒さ:こめかみしゅさ:temple rosacea:テンプル・ロザケア」
です。

1・
頬の「内側」と「外側」から「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が
とんでいき「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の幅は小さくなる
「一次消退」と。
2・
「幅の狭くなった「赤み」=「赤さ」=「紅さ」」の「部分」は
「同心円状」に「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の消退する
「二次消退」で消えていきます。

「1・」+「2・}の
またこの「「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の「消退」」
と「同時」に
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」性「知覚障害」=「もぞもぞ感」
も「改善」していきます。


「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の副症状が御座います。
「補足1」に御記載致します。 

御相談者の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
分類については下記に詳述致します。

「東京都世田谷区山本クリニックの
山本先生の酒さの新聞記事(朝日新聞の医療コラム)も読みました。
世界一酒さに詳しい先生であり
レーザーに関する臨床には抜群と書かれていました。
さまざまに酒さ以外の相談掲示板の他の方の記事など拝見して
私もそのように心から思います。」
=>
有難うございます。

 


下記順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

 


#1
##1
「34歳で女性です。
20台くらいから酒さと診断されています。
診断はされていますが治療法がないといわれました
(そこにはレーザーがないとのことでした)。
酒さはメインは両側の頬です。
なのですが・・・
両側の頬からこめかみにかけて赤く毛穴が大きく
ニキビを引っ掻いたような痕も片側各々10個位あります。
小さなクレーターになっていて痒みというか昼間は変な感じで
夜中にこめかみなど引っ掻いているような気が致します。

また得体の知れぬ吹出物でも苦労しています。
生理の前に肌があれます。

(1)酒さには痒みってありますか。

(2)引っ掻いた場合また私は酒さのほかににきび痕もあるのでしょうか。

(3)私は酒さのどのようなタイプでどのようにレーザーで
治るのでしょうか。

もとよりすっぴんでもつるつるになどとは思ってはいません。
できうるだけきれいにしていただければと思います。
(ひどいかおです。吹出物もきになりすぎです)

散漫なつたない文章で症状が伝わりきれないかもしれません。

山本先生のレーザー照射で治っていくと確信しています。

是非山本先生の酒さのレーザー治療・レーザー外科を
うけたいのです。
費用や山本先生の方法は十分に理解しています。
「照射回(日)は週一回(日)のペース」といわれていますが
やっとそのようにできそうです。

東京都世田谷区山本クリニックの
山本先生の酒さの新聞記事(朝日新聞の医療コラム)も読みました。
世界一酒さに詳しい先生であり
レーザーに関する臨床には抜群と書かれていました。
さまざまに酒さ以外の相談掲示板の他の方の記事など拝見して
私もそのように心から思います。

御忙しい所を申し訳ございません。
よろしくお願い致します。」
との事です。

 

 

 

#2
##1
「34歳で女性です。
20台くらいから酒さと診断されています。
診断はされていますが治療法がないといわれました
(そこにはレーザーがないとのことでした)。」
との事です。
=>##2

##2
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に治療法がない
などということはありません。

##3
「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」
とりわけ
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
による「レーザー光照射」にて「治療戦略」を
とります。

##4
但し
「(そこにはレーザーがないとのことでした)」
との事です。
=>
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」には
「レーザー光照射」以外の「治療戦略」はないことは
確かです。

 

 

 

 


#3
##1
けれども
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「治療戦略」
には
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」が「脂腺疾患」
であることを理解した上での「治療戦略」が必要です。

##2
「欧米人」と異なり「日本人」は「皮脂腺」が豊富なため
「毛穴」にある脂肪の腺の「病態」」=「脂腺が活性化する「病態」」
として「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」があります。

##3
勿論「欧州・米国」=「コーカサス人種」にも
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は御座います。

##4
##3の
この場合皮脂腺の少ない欧米の「コーカサス人種(白人種)」
の場合「顔面細菌感染症」で「あかくなった」
「汚れ顔症候群:赤みあぶら顔毛嚢炎症候群:dirty-face syndrome」
をも「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」と呼称
することが御座います。

##5
だから「欧米」の「形成外科専門医先生」や「皮膚科専門医先生」
と「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の話を
するとき或は外国に居られて「御受診」される場合は注意が必要です。

 

 

 


#4
##1
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」という「病態」の
「治療戦略」としては
「脂腺」を「不活化」する「レーザー光照射」が必要になります。

##2
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は「毛細血管拡張或は増殖」という
「症状・症候」を伴います。

##3
けれども断じて「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「もうさいけっかんかくちょうしょう」=
「毛細血管拡張症:tele-angiectasia」というような「血管腫」
ではありません。

##4
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」を
「もうさいけっかんかくちょうしょう」=
「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:telanngiectasia」
=「血管腫」と間違えられて
「Vビームレーザー」と「ダイ・レーザー」「色素レーザー」などの
「血管腫」「レーザー光照射装置」を用いると大変なこと
になります。

##5
「皮下血腫」をおこします。

##6
当院にも「Vビームレーザー」が「3機種」と。
「ダイ・レーザー」「色素レーザー」
があります。
(「Vビームレーザー」も「色素レーザー(ダイ・レーザー)」の一種です。)

##7
「Vビームレーザー」は
「Sturge-Weber Syndriome(スタージウエーバー症候群)」
などの「血管腫」の患者さんの「治療戦略」に用います。

##8
けれども「血管腫」とは「病態」の異なる
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さん
には用いません。


#5
##1

(1)酒さには痒みってありますか。

(2)引っ掻いた場合また私は酒さのほかににきび痕もあるのでしょうか。

(3)私は酒さのどのようなタイプでどのようにレーザーで
治るのでしょうか。」
との事です。

##2
#6以後に御回答致します。

 

 

#6
##1
まず
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」には
「レーザー光照射」による「治療戦略」で必要な
「分類法」が御座います。

##2
この分類について下記に簡単にご説明致します。

##3
病理学的に
1・「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)
2・「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea)
3・「酒さ第3度」=「鼻瘤(びりゅう)」(rhinophyma)
という「分類法」

##4
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の性状から
1・常時マジックインキをぬったような
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の「強い」「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
=「赤酒さ:あかしゅさ:red rosacea: レッド・ロザケア」
2・時々「赤み」の変化する桃色肌の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
=「桃酒さ:ももしゅさ:pink rosacea:ピンク・ロザケア」

##5-1
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「皮膚部位」から
1・「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
2・「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサルロザケア」
3・「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」
4・「顎酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」
と「4分類」することが御座います。

##5-2
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「皮膚部位」
から##5-1よりさらに
5・「こめかみ酒さ:こめかみしゅさ:temple rosacea:テンプル・ロザケア」
6・「鼻横酒さ:傍鼻翼酒さ:para-nasal rosacea:パラ・ネーサル・ロザケア」
に「皮膚部位」からの
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「皮膚部位」からの
分類が追加されることもあります。
更に
7・「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:Tゾーンロザケア」
と「皮膚部位」から分類される「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
があります。

 


#7
##1
#6の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「皮膚部位」からの分類ですが。
1・
「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:Tゾーンロザケア」
2・
「こめかみ酒さ:こめかみしゅさ:temple rosacea:テンプル・ロザケア」
3・
「鼻横酒さ:傍鼻翼酒さ:para-nasal rosacea:パラ・ネーサル・ロザケア」

かなり「特殊性」があります。

##2
#5の
##5-1の
「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:テイーゾーン・ロザケア」
ですが。
2004年ころまでは
「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:Tゾーンロザケア」=
「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」+
「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」
と分類されてきました。

##3
けれども
「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:Tゾーンロザケア」は
現実的には
「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:Tゾーンロザケア」
は「眉毛」-「鼻根部」までの「独特の赤み・桃色」でくることが
あり「症状・症候」も
「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」や
「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」と異なり
「改めて」
「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:Tゾーンロザケア」という
「皮膚部位」からの分類の方が正確です。

##4
#6##5-2

「こめかみ酒さ:こめかみしゅさ:temple rosacea:テンプル・ロザケア」
の「temple」=「眼鏡のつるのあたる部分」ですが
「感覚障害・知覚障害」が強く脂漏性も強く
「皮膚部位」感染を起しやすい。
=>
「にきび痕」=「にきび引っ掻き痕」と間違われる「クレーター」
を作ることで「レーザー光照射」では
難易度が高いです。

##5
「鼻横酒さ:傍鼻翼酒さ:para-nasal rosacea:パラ・ネーサル・ロザケア」

「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」と
合併することもあれば
「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」
の「レーザー光照射」により「横に逃げる」形で
「毛嚢炎」」或は「毛包のう腫(もうほうのうしゅ)」を合併しやすい
という特徴があります。

##6
このようにして
「鼻横酒さ:傍鼻翼酒さ:para-nasal rosacea:パラ・ネーサル・ロザケア」と
「こめかみ酒さ:こめかみしゅさ:temple rosacea:テンプル・ロザケア」
の場合には「レーザー光照射」と併用して
適切な「抗生物質」の内服およびこれに併用して「経静脈投与」
が必要な事例が多いものです。

 

 


#8
##1
##1

(1)酒さには痒みってありますか。

(2)引っ掻いた場合また私は酒さのほかににきび痕もあるのでしょうか。

(3)私は酒さのどのようなタイプでどのようにレーザーで
治るのでしょうか。」
との事です。

上記の#5#6#7の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
それぞれの鑑別によって「レーザー光照射」による
「治療戦略」は全く異なります。

##2
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」のかたは
「にきび痕」=「にきび引っ掻き痕」の「クレーター」を
併せ持つことが多いです。

##3
「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサルロザケア」の患者さん
は「レーザー光照射」の難易度が最も「高い」ものです。
この難易度の高さは「回数(日)」が必要であるということになります。


##4
「「
(1)酒さには痒みってありますか。」
=>
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんは
「一種」独特の「もぞもぞ感」といった「知覚障害」を
「病態」と併せ持っておられるかたが多いものです。

##5
「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)のかたが
「知覚障害」のために「引っ掻くと」
「落屑性皮膚炎:らくせつせいひふえん」のような「小さなパイの皮」
のような「皮膚の破片」=「落屑:らくせつ」がついたり。
或いは
「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea)に
移行することがあります。

##6
けれども
「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea)と
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に合併或は併発する
「毛嚢炎」」或は「毛包のう腫(もうほうのうしゅ)」は全く
異なる「病態」ですから
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea)の
場合は注意が必要です。

 

 

#9
##1

(1)酒さには痒みってありますか。

(2)引っ掻いた場合また私は酒さのほかににきび痕もあるのでしょうか。

(3)私は酒さのどのようなタイプでどのようにレーザーで
治るのでしょうか。」
との事です。

##2
御相談者の御相談の御記載内容からは
典型的な
「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)
であり
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
であり
「知覚障害」=「もぞもぞ感」を伴う
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」で御座います。

##3
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサルロザケア」
「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」
「顎酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」
の場合に共通して
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
という「脂腺」の「配列」があります。

##4
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
の「レーザー光照射」
により
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
に沿って「脂腺」が「不活化」されていきます。


##5
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」とは
「毛細血管」を中心に周囲に「脂腺」の分布する「ちくわ」のような
構造物です。

 

 

#10
##1

(1)酒さには痒みってありますか。

(2)引っ掻いた場合また私は酒さのほかににきび痕もあるのでしょうか。

(3)私は酒さのどのようなタイプでどのようにレーザーで
治るのでしょうか。」
との事です。
=>##2

##2
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
の「「毎週1回(日)照射」のペース」で。

##3
「レーザー光照射」により
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」の場合
「頬と鼻翼の間」「頬と耳の間」の「内側」と「外側」から
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が飛んでいきます。

##4
御相談者の御相談の御記載内容からは
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」であり
「桃酒さ:ももしゅさ:pink rosacea:ピンク・ロザケア」です。

##5
即ち頬の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は概ね「逆三角形」
をしている「内側」と「外側」から
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」は消えていきます。
=>「一次消退」と呼称致します。

##6
「内側」と「外側」の「赤み」=「赤さ」=「紅さ」は
「部位」と「程度」という「内側」と「外側」の「間」に
次第に「「縦しま」の帯状」のように「赤み」=「赤さ」=「紅さ」
は消退していきます。

##7
この「せばまった「赤み」=「赤さ」=「紅さ」」の
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」の「部位」

「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
の「断面」にそって「まる」状にところどころ
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が消えていきます。
=>「二次消退」と呼称致します。

##8
##5・6・7の
「「内側」と「外側」の「間」に次第に「「縦しま」の帯状」のように
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」は消退していきます。」+
「「断面」にそって「まる」状にところどころ
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が消えていきます。」
の「ほぼ「同時」進行」で
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」は消えていきます。

##9
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
による「レーザー光照射」で
「毛穴」にある脂肪の腺の「病態」」=「脂腺が活性化する「病態」」
である
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が消えていきます。


##10
「断面」にそって「まる」状にところどころ
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が消えていきます
=>「二次消退」と呼称致します」
は「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
を構成する「「脂腺」のターンオーバー」に依存致します。
 

 

 

 

#11
##1
「酒さはメインは両側の頬です。
なのですが・・・
両側の頬からこめかみにかけて赤く毛穴が大きく
ニキビを引っ掻いたような痕も片側各々10個位あります。
小さなクレーターになっていて痒みというか昼間は変な感じで
夜中にこめかみなど引っ掻いているような気が致します。

また得体の知れぬ吹出物でも苦労しています。
生理の前に肌があれます。」
との事です。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」に
加えて。

##3
かゆみがつよく引っ掻かれる傾向に到る
「こめかみ酒さ:こめかみしゅさ:temple rosacea:テンプル・ロザケア」
の成分を御持ちの様です。

##4
「こめかみ酒さ:こめかみしゅさ:temple rosacea:テンプル・ロザケア」
の「temple」=「眼鏡のつるのあたる部分」ですが
「感覚障害・知覚障害」が強く脂漏性も強く
「皮膚部位」感染を起しやすい。
=>
「にきび痕」=「にきび引っ掻き痕」と間違われる「クレーター」
を作ることで「レーザー光照射」では
難易度が高いです。

 

 

 


#12
##1
一般的には
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」
「顎酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」
と若干異なり。

##2
「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサルロザケア」の
場合は
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
の「大きさ」が他の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
よりも大きい。

##3
よって
「レーザー光照射」による「脂腺」を「不活化」する
場合
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
(とは「「毛細血管」を中心に周囲に
「脂腺」の分布するちくわ状の構造物」
のサイズが大きいので難易度ははるかに高くなります。

##4
「こめかみ酒さ:こめかみしゅさ:temple rosacea:テンプル・ロザケア」
の「temple」=「眼鏡のつるのあたる部分」ですが
「感覚障害・知覚障害」が強く脂漏性も強く
「皮膚部位」感染を起しやすい。
=>
「にきび痕」=「にきび引っ掻き痕」と間違われる「クレーター」
を作ることで「レーザー光照射」では
難易度が高いです。


##4
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」+
「こめかみ酒さ:こめかみしゅさ:temple rosacea:テンプル・ロザケア」
で「レーザー光照射」の「治療戦略」をとります。


##5
「酒さはメインは両側の頬です。
なのですが・・・
両側の頬からこめかみにかけて赤く毛穴が大きく
ニキビを引っ掻いたような痕も片側各々10個位あります。
小さなクレーターになっていて痒みというか昼間は変な感じで
夜中にこめかみなど引っ掻いているような気が致します。

また得体の知れぬ吹出物でも苦労しています。
生理の前に肌があれます。」
=>
「レーザー光照射」に併用して
適切な「抗生物質」の内服およびこれに併用して「経静脈投与」
も考えなければいけませんね。

 

 

 


#13結論:
##1
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

##2
「34歳で女性です。
20台くらいから酒さと診断されています。
診断はされていますが治療法がないといわれました
(そこにはレーザーがないとのことでした)

=>
間違いです。
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
で「治療戦略」をとります。

##3
「是非山本先生の酒さのレーザー治療・レーザー外科を
うけたいのです。
費用や山本先生の方法は十分に理解しています。
「照射回(日)は週一回(日)のペース」といわれていますが
やっとそのようにできそうです。

山本先生の酒さの新聞記事(朝日新聞の医療コラム)も読みました。
世界一酒さに詳しい先生であり
レーザーに関する臨床には抜群と書かれていました。
さまざまに酒さ以外の相談掲示板の他の方の記事など拝見して
私もそのように心から思います。」
=>
有難うございます。

##4
「もとよりすっぴんでもつるつるになどとは思ってはいません。
できうるだけきれいにしていただければと思います。
(ひどいかおです。吹出物もきになりすぎです)
・略・
山本先生のレーザー照射で治っていくと確信しています。
是非山本先生の酒さのレーザー治療・レーザー外科を
うけたいのです。」
=>
宜しかったです。
「予約」で御来院になられた「初診の当日」は
09:50AM御到着で「サイリスレーザー外科顕微鏡:スイス製」
で「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「症状・症候」を
拝見し
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
の走り方などを「「診断」致します。 」
その後「レーザー光照射装置」の「オリエンテーション」=「御説明」
を致します。 

##5
「是非山本先生の酒さのレーザー治療・レーザー外科を
うけたいのです。
費用や山本先生の方法は十分に理解しています。
「照射回(日)は週一回(日)のペース」といわれていますが
やっとそのようにできそうです。」*(=>ps1)
=>
御相談者の御相談の御記載内容からは
「「毎週1回(日)照射」のペース」で最低40-50回(日)の
「レーザー光照射」が必要です。
「照射回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。
「照射回数(日)」は「皮膚のターンオーバー」=「4週間」の「倍数」
でTDF(time dose fractionation factor)を計算致します。 

##6
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。


##7
「両側の頬からこめかみにかけて赤く毛穴が大きく
ニキビを引っ掻いたような痕も片側各々10個位あります。
小さなクレーターになっていて痒みというか昼間は変な感じで
夜中にこめかみなど引っ掻いているような気が致します。」
=>
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」+
「こめかみ酒さ:こめかみしゅさ:temple rosacea:テンプル・ロザケア」
であり
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「知覚障害」=「もぞもぞ感」
を伴い「夜中」に「引っ掻く」
典型的な「症状・症候」で御座います。

##7

(1)酒さには痒みってありますか。

(2)引っ掻いた場合また私は酒さのほかににきび痕もあるのでしょうか。

(3)私は酒さのどのようなタイプでどのようにレーザーで
治るのでしょうか。

もとよりすっぴんでもつるつるになどとは思ってはいません。
できうるだけきれいにしていただければと思います。
(ひどいかおです。吹出物もきになりすぎです)

=>
上記御回答致しました。

頬の「内側」と「外側」から「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が
とんでいき「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の幅は小さくなる
「一次消退」と。
「幅の狭くなった「赤み」=「赤さ」=「紅さ」」の「部分」は
「同心円状」に「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の消退する
「二次消退」で消えていきます。

##8
またこの「「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の「消退」」
と「同時」に
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」性「知覚障害」=「もぞもぞ感」
も「改善」していきます。

##9
因みに
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の副症状を「補足1」に
御記載致します。 

##10
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「レーザー光照射」

「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
の独壇場です。

##11
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」をくれぐれも
「血管腫」と間違われて
「Vビームレーザー」或いは「ダイ・レーザー」「色素レーザー」
など「レーザー光照射」されないようにご留意は大変重要です。

##12
もうお読みになられていることと存じます。
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の過去の「御相談と御回答」の相談文章と御回答のURL
のある
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関する「過去の御相談と御回答6
[2] [2007年 2月 8日 17時13分49秒
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/379593443199159.html
を再度御参照頂けますか。

##13
「もとよりすっぴんでもつるつるになどとは思ってはいません。
できうるだけきれいにしていただければと思います。
(ひどいかおです。吹出物もきになりすぎです)」
との事です。

=>
綺麗に治したいです。
私も頑張ります。

##14
psに「レーザー光照射」の患者さんの
「初診のしおり」が御座います。
山本クリニックは「アットホーム」な病院です。
どうか「肩の荷」をおろされてリラックスされて起こし下さい。

##15
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「副「症状・症候」」
につき「補足」に御記載致します。
御参照頂けますか。


##16
綺麗に直したいですね。
私も頑張ります。

 

 

 


------------------------------------------------------------


ps1
*「御費用(消費税込み)」について
の内訳です。
++++++++++++++++++++

###1
「レーザー外科」の
術前の臨床血液検査・尿一般・尿沈査検査

###2
ポストレーザーキット(サンスクリーン(UVカット)をはじめ
5種類のポストレーザーの医療用お化粧品

###3
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
によるレーザー治療の費用

###4
ポストレーザー後の内服薬

###5
「レーザー治療」後の補液・輸液(点滴静脈注射のこと)

###6
照射回(日)修了後のアフターチエック(ご希望あれば何回でも
何年先までも無料です)
の全てを含めての「御費用」です。


###7
「難易度の高い形成外科」或は「美容外科」全般
ということになります。
当然のことながら100%実費に
なります。

###8
形成外科・美容外科の場合はそのつど
施術終了後お帰りになるときに当日の「御費用」を
お払いいただくこととしています。

###9
クレジット・カード或はローンは取り扱っておりません。
申し訳ございません。

++++++++++++++++++++

 

 

ps2
御来院の方法について。
*1
++++
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線(けいおうせん)(新宿-八王子を結ぶ私鉄)
芦花公園(ろかこうえん)駅(各駅停車しかとまりません)の
北口(北口しか出口はありません。駅の出口は1つです)
に降りられましたらば。

北口駅前に「ありま」というカフエと「お蕎麦屋さん」のある
商店街を北に「30m」お進み下さい。

セブンイレブンと本屋さんのある交差点にでます。


ここが甲州街道旧道交差点です
(行き過ぎて甲州街道新道にいかれませんにょうに)。
ここから西をみると道路の北側に面して茶色の「6階建ての山本クリニックビル」
がもう見えます。

この交差点を「左に曲がり」「西に30m」いかれると「到着です」。
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)
の1-2階(300㎡)が病院です。

病院前の道路をはさんで正面=「反対側」に
専用駐車場があります。
道路の対側にはブルーのトタン屋根の物置と専用駐車場があります。
(道路の「はすかい」に「犬猫病院」が御座います。)

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車徒歩1分・旧甲州街道沿い
で道路の北側に面しています。


地図http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/5-map.html

 

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


*2
新宿駅から京王線で当院までお越しの患者さんの場合
は下記を御参照下さい。

東京駅から新宿駅までおこしください。
新宿駅では私鉄の京王線
http://www.keio.co.jp/traffic/train/jikoku/jikoku050325/index.html
で京王線芦花公園(ろかこうえん)駅の
「北口」で降りられて下さい。

各駅停車しかとまりません。

北口をおりられてから「北西」の方向直線距離100mの
ところに山本クリニックが御座います。
けれども他のかたのおうちをよこぎるわけにはいきませんから。

北口をおりられて北口商店街を30m北に進んでください。

そこでセブンイレクンと本屋さんのある交差点が「旧甲州街道」です。
ここを「西に」(左折する)と東西にはしる「旧甲州街道」の北側に面している
茶色の「6階建て」ビルが目に入ると思います。

これが山本クリニックビルです。

左折されて(「旧甲州街道」を西に向かわれて)30m西にいくと
山本クリニックです(勿論看板はでています)。
道路の反対側には専用駐車場があります。

山本クリニックの手前には小さなマーケットアーケード
があり自動販売機が
並んでいます。

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/10-p.html
の真ん中の写真を御参考にされて下さい。

 

 

 

ps3
御予約について
++++++
完全予約制です。
朝9:00-正午(正確には10:50AM)
までが「脳神経外科専門医」としての患者さん
を拝見いたします。
他の御施設より1時間早く11:00(正確には10:50AM)
ー正午(正確には11:50AM)までが昼休みです。

勿論昼休みでも医療事務・受付嬢は常に電話に対応しています。

通常「レーザー外科・レーザー治療」の患者さんは
再診以後は11:20AMに到着していただき11:50AMから
「レーザー光照射」の履歴の古い
順番に「レーザー光照射」を行なっていきます。

但し初診のレーザーの患者さんの場合は
「サイリスレーザー外科顕微鏡:スイス製」の「症状・症候」
の拝見しまた「レーザー光照射装置」のオリエンテーションを
させて頂きますから9:50Mにお越し頂くようにご案内を
させて頂いております。
11:50ー13:00(14:00)pm弱までがレーザー治療・レーザー外科手術時間帯。
13:00時pmから再び「脳神経外科専門医」の時間に戻ります。

11:50amからレーザー外科の時間帯になり
概ね「御初診」の場合「レーザー光照射」は
12:30pmくらいから始まります。
「レーザー光照射」の時間は14分ですが
12:30pmから「御初診」のかたは「レーザー光照射」
が始まってからお帰りいただくまで1時間ほど
お時間を頂きます(再診の方も同様です。)


日曜・木様が休診日で御座います。
祝日は木曜日と重ならないときのみ診療を「休日体制」
としてご予約すみの患者さんのみ診療・「レーザー光照射」を
いたしていることが多いです。

++++++

 

 


------------------------------------------------------------
ps4

「レーザー光照射」の方法と実際。

##1
「レーザー光照射」の方法ですが
基本的には
照射回(日)は週一回(日)のペースで最低36-40回(日)
は必要です。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。
或いは「病態」により40-46回数(日)は
必要です。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。

##2
例えば「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の場合など
「部位と範囲」が「面積的「病態」」の場合

###1
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「手のひら1枚分」
以内であれば
1回(日)の照射の「御費用」は5万円です。
この「部位と範囲」で「ショット数」は
1回(日)で5000ー10000「ショット」
です。

###2
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「手のひら1枚分」を
こして「御顔の半分」までは
1回(日)の照射の「御費用」は8万円です。

###3
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「御顔全体」であれば
1回(日)の照射の「御費用」は16万円です。

##3
毎回「レーザー光照射」のたびに「御費用」を
戴くことになります。

##4
問題は今現在レーザー治療・レーザー外科は
「土曜日」は御予約が一杯の状態
であることが多いことなのです。

##5
また土曜日が「通常照射日」に設定される場合であっても。

##6
申し訳ないのですが原則として
第1日(初診レーザーぼ日)
は平日の9:50AMに到着していただきます。

「初診」の日から「レーザー光照射」をおこないます。

すなわち
第1日は平日の午前9:50AMに到着していただき
「症状・症候」を「サイリス=「レーザー外科」独特の顕微鏡(スイス製)」
で拝見して「レーザー光照射」のオリエンテーションを
させて頂きます。

この時間で「50分」位は必要です。
これが終了したら

11:50AMより「レーザー光照射」の履歴の
古い患者さんの順に「レーザー光照射」を
進めていきます。
順番をお待ちいただきます。

「レーザー光照射」時間は15分です。
御自分の「レーザー光照射」が始まってから「1時間」は
院内におあずかり致します。


##7
また再診以後は11:20AMに到着していただき
11:50AMより「レーザー光照射」の履歴の
古い患者さんの順に「レーザー光照射」を
進めていきます。

##8
「レーザー光照射」時間は15分ですが
「レーザー光照射」のあとに
「ヘルペス抗体価」の採血+
細胞外液の「補液・輸液(点滴静脈注射のこと)療法」
を行います。
御自分の「レーザー光照射」が始まってから「1時間」は
院内におあずかり致します。

##9
「初診」の「レーザー光照射」に関しては
ps1に御記載したとおりに準じます。
「臨床血液検査」にて肝炎抗原抗体検査その他「感染症臨床血液検査」
に加えて
「甲状腺機能異常」の有無その他を含めた
「内科的な背景要因」の有無と程度を完璧に行える
「臨床血液検査」を行い内科的・外科的に「臨床診断学」から
「検査」させて頂きます。
=>「御費用」の内訳にはいります。


##10
御予約の時間よりいくら早くおこし戴いてもかまいません。
遠方の方など待合室で「お弁当をたべられていらっしゃいます」
アットホームな環境です。
けれども逆に御予約の時間からは絶対に遅れないで下さい。


------------------------------------------------------------

ps5
##1
当院に通院されるレーザー治療・レーザー外科の
患者さんは「美容外科」に相応致します。

##2
このレーザー治療・レーザー外科の通院中の
「美容外科」
の患者さんが当院通院中に。
ちょっとした病気かなと思われたとき
「無料で外科・内科・耳鼻咽喉科」
の診療を致します。

##3
たとえば「かぜをひいたかな」あるいは
「おなかがいたいな」あるいは「たいちょうふりょうだな」
等のばあいです。

##4
レーザー治療・レーザー外科の「御費用」に
含まれるものとして無料でこれらの診療を行ないます。

##5
だから安心されて御通院されて下さい。
-------------------------------
ps6
「ps5は
お仕事の合間にあるいはお休みの日に
「レーザー光照射」をされるかたが
「御遠方」でも「お近く」でも
「御体調をきにされずに」安心して御通院いただきたいと
思う私の考えかたです。

たとえば「かぜをひいたかな」あるいは
「おなかがいたいな」あるいは「たいちょうふりょうだな」
等のばあいです。

レーザー治療・レーザー外科の「御費用」に
含まれるものとして無料でこれらの診療を行ないます。

だから安心されて御通院されて下さい。
-------------------------------


 
 
 

 

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。

 

 

 

 


何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。

 

 


何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。

 

 

 


++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の副症状を「補足1」に御記載致します。 


##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1-2月)そして梅雨のころ胃や下腹部が痛かったことは
(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
もしくは虫歯もないのに奥歯が痛みませんか。

##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
あるいは洗髪で頚部前屈されて「症状・症候」がでませんでしょうか。

(バーバーズ・サインBarBer's sign:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。
##30
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」には
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」が
併発し
「上気道」や「呼吸器」の「症状・症候」が併発します。
##31
「ウイルスによる風邪症候群」と間違われて「風邪症候群」
あるいは気管支炎からの熱発と頭痛というように包括されてしまうことが
少なからず御座います。
##32
「反復性上気道感染」のため「リンパ節腫大」と「緊張型」による
頚部・顔面の「しこり」か区別されていないことも御座います。
##33
そのため「リンパ節腫大」とか「頚部のしこり」とか「緊張型」の患者さん
は「表現」されるため「「悪性リンパ腫」などとんでもない疾患の
検査をされることが御座います。
##34
左側のほうが「症状・症候」お強く御座いませんでしょうか。

 

 

 

「補足1おわり」
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2007年3月25日 17時9分17秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: nonosiro   
34歳で女性です。
20台くらいから酒さと診断されています。
診断はされていますが治療法がないといわれました
(そこにはレーザーがないとのことでした)

酒さはメインは両側の頬です。
なのですが・・・
両側の頬からこめかみにかけて赤く毛穴が大きく
ニキビを引っ掻いたような痕も片側各々10個位あります。
小さなクレーターになっていて痒みというか昼間は変な感じで
夜中にこめかみなど引っ掻いているような気が致します。

また得体の知れぬ吹出物でも苦労しています。
生理の前に肌があれます。

(1)酒さには痒みってありますか。

(2)引っ掻いた場合また私は酒さのほかににきび痕もあるのでしょうか。

(3)私は酒さのどのようなタイプでどのようにレーザーで
治るのでしょうか。

もとよりすっぴんでもつるつるになどとは思ってはいません。
できうるだけきれいにしていただければと思います。
(ひどいかおです。吹出物もきになりすぎです)

散漫なつたない文章で症状が伝わりきれないかもしれません。

山本先生のレーザー照射で治っていくと確信しています。

是非山本先生の酒さのレーザー治療・レーザー外科を
うけたいのです。
費用や山本先生の方法は十分に理解しています。
「照射回(日)は週一回(日)のペース」といわれていますが
やっとそのようにできそうです。

東京都世田谷区山本クリニックの
山本先生の酒さの新聞記事(朝日新聞の医療コラム)も読みました。
世界一酒さに詳しい先生であり
レーザーに関する臨床には抜群と書かれていました。
さまざまに酒さ以外の相談掲示板の他の方の記事など拝見して
私もそのように心から思います。

御忙しい所を申し訳ございません。
よろしくお願い致します。

[2007年3月24日 17時6分36秒]

 

++++++++++++++++++++++
11・
左顔面、左指(小指、薬指、中指)、左足の痺れ。頚部痛み以前有難り。
 [2] [2006年 5月11日 13時14分47秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/66316945695235.html
-------------------------------
お名前: 匿名希望   


はじめまして。
みなさんの書き込みや先生の応対がたいへん心強く思われ、
私もこうして書き込みさえていただきたいと思います。
もしよければお返事をいただけますと幸いです。

私は現在32歳の既婚男性です。
ここ一週間ほど、左顔面、左指(小指、薬指、中指)、
左足の痺れを感じ、心配しております。

と申しますのも、以前右腰に痛みを感じ、
放っておいた結果だんだんと痛みが上がってきて、
一旦は収まりましたが、半年ほど前ダイエット
(身長160cm体重69㎏→体重56㎏)をしたところ、
右首の付け根あたりがぐっと締め付けられるように痛くなりました。

今は首の辺りの痛みはありませんが、
右に首を折り曲げ右へ顎を動かすとボリボリという音を立てますし、
お酒を飲んだりすると、次の日は激痛と吐き気をもよおしてしまい、
今では一滴もお酒を飲んでおりません。

インターネットで症状を調べれば調べるほど、
不安に陥ってしまい、
今はダイエットどころか心配でご飯がのどを通りません。


Wednesday, May 10, 2006 6:49 PM

[2006年5月10日 18時49分33秒]

++++++++++++++++++++++
12・
静脈瘤があるのですが左ふくらはぎの浮腫
 [2] [2006年 3月12日 10時35分52秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/637550554777594.html
-------------------------------
お名前: 匿名希望   
はじめまして。28歳・女性です。
 
場違いな質問でしたらお許し下さい。
 
2ヶ月ほど前から、左ふくらはぎの浮腫みが
感じられるようになりました。
デスクワークが原因かと思い、
マッサージなど行っていました。
しかし、数週間ほど前から浮腫みが悪化し
椅子に座っていると冷たくなるようになりました。
しゃがんだり、正座をするのも大変です。
静脈瘤があるのですが、何か関係が
あるのでしょうか?とても不安です。
どうかよろしくお願い致します。


Sunday, March 12, 2006 1:03 AM

[2006年3月12日 01時03分42秒]

++++++++++++++++++++++
13・
左足の痺れ、麻痺について
 [2] [2006年 2月 6日 7時59分35秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/634573944685147.html
-------------------------------
お名前: 匿名希望   

45歳 170cm 71kg 「左足の痺れ、麻痺について」

水源開発調査を行っています。

2001年8月頃より腰に痛みを感じ通院。
その結果、軽度の椎間板ヘルニアと診断されました。

指示としては体重の減量(当時78kg)、
大腿部の筋力強化を指示されました。

その後、座った状態から立つときに軽い痛みはかんじるものの、
激痛というものは感なくなりました。

2005年6月頃、左足に痺れをかんじるようになったので
MRIにて診断を受けましたが、結果は同じ結果・指示を
頂いています。

ここに来た昨年末より、
調査業務中(かなりの距離を歩きます)、
左足が痺れというよりは麻痺に近い状態になり、
歩行が困難になるため10分位休憩、
その後作業を再開、その繰り返しを行っています。

この症状も椎間板ヘルニアの
症状なのでしょうか?
腰の痛みはさほどではありません。


適切な医療機関もないため、
椎間板ヘルニアと信じ、
体のケアをしていかなければなりません。

先生のご意見、
ご指示を賜りたくメールを書かせていただきました。

どうぞよろしくお願いいたします。


Sunday, February 05, 2006 4:49 PM

[2006年2月5日 16時49分55秒]

++++++++++++++++++++++
14・
頭痛+手のしびれ感+下肢のしびれ感
[2] [2006年 2月 1日 18時45分54秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/504939430932613.html
-------------------------------
お名前: 匿名希望   

はじめまして。私 27歳男です。
なかなか原因がわからず、山本クリニック様のホームページに
たどり着きました。なにとぞ宜しくお願いいたします。
 
症状と経過についてですが、まず、昨年11月に頭痛があり、
治ったり、また頭痛が起こったりが約2ヶ月ほど続きました。
比較的頭痛はありましたので気にしなかったのですが、
ある日かなり激しい頭痛があったので近くの総合病院へ診察に行きました。
 
その時「特に問題はなさそう(ただの疲労からくる頭痛だろう)ですが、
頭痛をなめてはいけません。気になるようでしたらCT検査を
しましょうか?」といわれましたがその時は断りました。
 
次第に気になり始め数日後、近くの脳神経外科に行きCT検査を
していただきましたが、結果は問題なし。でした。
 
その数週間後、車を運転している時に、ふとハンドルを握る左手に
痺れがありました。
「あれ?」と思い、再度ハンドルを握るとやはり
若干痺れがあります。その時右手に痺れはありませんでした。

その後痺れは続いてましたので、再度同じ脳神経外科をたずねて、
 首から手のひらに向かって伸びる神経の入り口に問題があるかも?
という疑いを持たれたようで
首のレントゲンを撮りましたが結果「問題なし」でした。

次第に右手もしびれるようになり、車の運転をすると両手ともに
しびれを感じていました。ただし、痺れを感じるのは握っている時ではなく
「手をハンドルから離す時」に感じます。

その痺れは次第に「ピリピリ感」というか「チクチク感」というか
ジワーッとした無数の針で突付かれるような感じになりました。
痛いといっても、瞬間ですし、我慢もできますので生活において
支障はまったくもってありません。

ちなみに頭痛の方ですが、
気づけばあります⇒気になりませんが、時々あります。
その後も電気を通したりリハビリを行っておりますが
症状は特に変化はなく、また医師の判断は「特に問題なし」です。
 
で、
今日の仕事中、大体夕方16時くらいに左足の違和感に気づきました。
痺れとはまた違った違和感です。言葉にして表すのは難しいですが、
正座をしていて痺れる手前(痺れそうな)のような感じです。
(もちろん仕事中は正座などしてなく、普通に椅子に腰を下ろしている状態です)

仕事はデスクワークですので常にいすに座っている状態です。
歩いたりすると若干解消するようですが、
今座ってこの掲示板へ書き込みをしている
最中も左足はやや痺れがあります。
 
ちなみに運動はまったくといっていいほど問題なく出来ていますし、
思考も問題ありません。
 
お風呂上りや寝起きは特に痺れ等が無いため、
冷え性のようなものかな?
とも推測しましたが、よくわかりません。
 
長々と書き込み申し訳ありませんが、
原因がわからないまま、
しばらく病状?が続いておりますのでご相談させていただきました。
なにとぞアドバイスの程宜しくお願いいたします。
Tuesday, January 31, 2006 10:43 PM

[2006年1月31日 22時43分46秒]

++++++++++++++++++++++
15・
一年ほど左足親指と人差し指の間に激痛
 [2] [2006年 1月22日 12時35分 4秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/666907639782043.html
-------------------------------
お名前: 匿名希望   


おせわになります。東京品川に住む49歳、男性です。
 
この一年ほど左足親指と人差し指の間に激痛があります。
整形外科の初診では、脊椎すべり分離症からくる神経圧迫による
痛みとの診断を得ています。確かにレントゲンを見ても、素人目にも
四分の一ほどのずれはわかります。
 
処置としては、ペインクリニックにて神経ブロックを受けて痛みをとるように
しています。しかし、車にのったりしてゆれたりする場合、傷みが何度も
ぶり返してしまいます。ペインクリニックでもここまで痛みがきついのは、
なかなか例がみられないとのことです。
 
よる足がつることもなく、糖尿病ということは言われていません。
 
再度糖尿病という観点から診療を得る必要があるでしょうか?
 
機能性末梢神経障害はほかの原因で発生することが
ありますでしょうか?
 
ご見解をいただければ幸甚です。
 

Sunday, January 22, 2006 6:36 AM

[2006年1月22日 06時36分6秒]

++++++++++++++++++++++
16・
両脚の足底部の痛み [2] [2006年 1月19日 10時37分53秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/926750695639388.html
-------------------------------
お名前: 匿名希望   


30歳、男性です。先生にご相談があります。
 
(症状)
1年半程前に、歩いている最中に両足の裏に痛みを感じ、
継続して歩くと痛みが増しやがて歩くのが困難程度になりました。

2~3日が経過して、痛みは歩ける程度に落ち着きましたが、」
その痛みが1年半を経過した現在も両足共に続いています。
痛みは歩いていても寝ていても、両足の裏全体に同様にあり、
歩く時間が長いと痛みが増してきます。

ふくらはぎも
強く押したりすることで痛みを感じます。
ふくらはぎをマッサージすると足の裏の
痛みもやや緩和されます。
 
(対応)
1年半程前、足が痛くなった当時、
整形外科を2~3箇所と内科1箇所
で症状を見て頂きました。

整形外科では足のレントゲンをとりましたが
特に異常はなく、足の裏の筋が痛んでいる(炎症)との診断を受け、
湿布と痛み止めを頂き、あまり歩かず、
足にあった靴を履くようにとの指示を受け
ました。

その後、仕事はデスクワークのため、歩く時間は1日1時間程度、
靴もやわらかいものを履いていますが、痛みは軽減されません。

内科では尿酸値が高いことが原因として投薬を受けました。
その後、尿酸値は下がったものの、痛みの改善はありません。
血液では、その他、コレステロール値が基準値を超えて高く、
血糖値もやや高い状況です。
また、軽い脂肪肝との診断も受けていますが、投薬はありません。
 
(質問)
1年半の間痛みが続き、
このまま放置しておいても治らないのではと
感じています。

痛みは仕事や日常生活で全く支障がない訳でもありませんので、
取り除きたいのですが、何軒か病院で診察頂き、治らなかったため、
診断科が適切でないのか、また、考えられる病気(原因)について、
お伺いできないでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。

 Wednesday, January 18, 2006 10:15 PM

[2006年1月18日 22時15分37秒]

++++++++++++++++++++++
17・
まさかこれはぎっくり腰か??
 [2] [2006年 1月17日 18時20分30秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/173630523103387.html
-------------------------------
お名前: 匿名希望   


はじめまして。
このたび、ホームページにて先生のことを知り、
丁寧な診察してくださるとのことなので
早速お尋ねしようと思いメールいた
しました。

私は、28歳の独身女性 会社員 
デスクワーク(PC中心の仕事)をしています。

実は昨日 お昼頃にランチをしようといつものように座って、
飲み物に手を伸ばした瞬間に、右腰の骨盤の出っ張った
骨の部分に激痛が走り、まさかこれはぎっくり腰か??って思い
その後ゆっくりと手をちぢめて、力を抜いて座っていました。

その場では、激痛が走りほぼ5分後くらいには痛いという余韻が
残るものの激痛が続くわけではありませんでした。

しかし、この激痛がくる3週間ほど前に同じところが痛く、全体的に
鈍痛のような感じで重たい状態が続いていたので、
今回の激痛の要因は感じられると
思うのですが・・・。

また同じ日の帰り9時頃にも鈍痛が少々強く痛くなり、
右足の腰と足の付け根辺りも
重たく
痛い状態になりました。(あわせて胃もきもちわるくなりました)

これは、もしかして腎臓などの内臓が悪いのかとも
思い怖くなってネットで調べてい
たのですが
特に細かな情報が載っていないため、
先生に教えていただけたらと思いメールいたし
ました。

骨盤何か以上があったりするのでしょうか?
それとも腎臓?
病院の何科にいけばいいのかわからないので
あわせて教えていただけたらと思いま
す。

お忙しい中かとは思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。


Tuesday, January 17, 2006 2:55 PM

[2006年1月17日 14時55分6秒]

++++++++++++++++++++++
18・
太股外側と腰がヒリヒリ痛みます 2
[2] [2005年11月 2日 18時 8分23秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/828669776748033.html
-------------------------------
お名前: 匿名希望   
お急がしところ、早急にお返事頂きまして
本当にありがとうございます。

少し安心いたしました。
丁寧な回答に感謝致します。
あと少し確認させて頂けますでしょうか?


【ご質問】
■このまま安静にしておけば、次第にヒリヒリ痛は治まっていくと
考えてよろしいのでしょうか?その場合、市販されている神経痛に
効く塗り薬(バンテリンなど)を塗ってもよろしいのでしょうか?

■あるいは、すぐにでも脳神経外科専門医にいく必要がある場合
  県市か市におすすめの医院が
ありましたら教えていただけますでしょうか?

■今週末にGOLFコンペがあるのですが、参加すると症状は
 悪化する可能性は大きいでしょうか?

お忙しいところ申し訳ございません。
よろしくお願い致します。
November 02, 2005 3:35 PM

[2005年11月2日 15時35分26秒]

++++++++++++++++++++++
19・
太股外側と腰がヒリヒリ痛みます
[2] [2005年11月 2日 14時56分 0秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/537768003604473.html
-------------------------------
お名前: 匿名希望   
30歳男です
下記の症状は週一回程度ゴルフ打ちっぱなし練習の影響でしょうか?
先生よろしくお願いいたします。


【症状】
2週間前に右側陰毛部分の生え際が日焼けしたように
ヒリヒリし始め現在も赤みはまったく無く、
かゆみ、ぶつぶつも見当たりません。

3日前に右足付根付近の右内側太もも(直径10cmの範囲)と
右外側ふともも(直径20cmの範囲)と右腰(ベルトの付近)が
ヒリヒリ痛みだします。
座っている時は、痛みは無いのですが、
歩行するとズボンにすれて痛みます。
歩けないという程の痛みではありません。
ちょうど真夏日の太陽による日焼けの痛みによく似ています。

心配でたまりません。よろしくお願いいたします。
November 02, 2005 1:16 PM

[2005年11月2日 13時16分0秒]

++++++++++++++++++++++
20・
上肢の痺れ=>両側下肢の痺れ
[2] [2005年 8月27日 18時48分 2秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/240629796012403.html
-------------------------------
お名前: 匿名希望   


 
はじめてご相談させていただきます。
私は30歳の女性です。

4~5日前から左腕が痺れはじめ、
その日のうちに整形外科を受診しました。

腕の動きや首のレントゲンの結果、異常なしで
大したことはないので様子を見てくださいと言われました。

しかし今朝までの時点で左腕だけでなく
両足(特に左足の甲)もしびれるようなだるいような感覚を覚え
左腕の痺れの範囲も広がってきています。
ピリピリとして重だるいような感じです。

ふらつき感もあります。

このまま痺れなどの症状がどんどん進行してしまうのか
脳の異常があるのではないかと、とても不安です。

どんな病気の可能性があるのか、また何科を受診すればよいのか
アドバイス頂ければと思います。
よろしくお願いいたします。
Saturday, August 27, 2005 9:25 AM

[2005年8月27日 09時25分56秒]

++++++++++++++++++++++
21・
右足の裏、親指と人さし指の付け根部分に痛
 [2] [2005年 6月22日 19時10分 8秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/811596789005311.html
-------------------------------
お名前: 匿名希望   

こんにちは。
突然のメールをお許しください。
こちらのhpを拝見し、ぜひ私の叔父について御相談させていただきたく
メールをさせていただきました。
お忙しいことと思いますがよろしくお願いします。

私の70歳になる叔父なのですが、
以下のような症状になやまされております。

1年前くらいに足首を捻挫したらしく、
それ以来足の調子がおかしいくなったとのこ
と。

右足の裏、親指と人さし指の付け根部分に痛みを感じるようになり
だんだんとひどく痛むようになってきた。

ここ2ヶ月くらいは特にいたくなり、
いろいろな医者にかかり、MRIやレントゲンな
ど原因を調べてもらってがまったくなにが悪いかわからす、
痛み止め(ロキソイニン)などをもらうばかり。

痛みのため睡眠も浅く、不安に襲われ精神的にかなりまいっている様子。
腫れなどは特にないようなのですがお風呂に入ったり、
また気温が高い日は痛みも強いとのこと。

歩行も困難になり、立っているのもつらく、
路上に座り込んでしまうこともしばしばあるようなのです。

このような、雲をつかむようなものなのですが、
痛みにより精神不安になっているようなので
なんとか痛みをとりのぞく方法はないものかと検索し、こちらのサイトにた
どりつきました。

原因不明の痛みにも
ブロック注射などの治療をしてもらうことは可能なのでしょうか?
その他に、痛みを取り除く治療などはあるものでしょうか?

こちらにメールをすることが
もし失礼にあたるようでしたらお許しください。
なにかアドバイスをいただけると嬉しいです。

どうぞよろしくお願い致します。

[2005年6月22日 19時2分5秒]
++++++++++++++++++++++
22・
足の裏先端と手の指先が痺れます
 [2] [2005年 6月14日 18時42分24秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/0939050403694672.html
-------------------------------
お名前: なお   

愛知  65   男
両足の裏の指先、両手の指先のしびれが
我慢できないようになってきました。

1年ほど前、両手足の先の弱い痺れから始まり、
掌と足の裏先端が赤味を帯びてきました。
足の先に灼熱感を感じ不快です。

糖尿、頚椎、腰、膠原病と検査しても異常は見つからず、
メチコパール、ミオナール、メキシチール、てんかんの薬など
いろいろ処方されましたが、酷くなる一方で困っております。

最近とくに足の裏の痺れがきつく、小石を踏むような感じで、
歩行に支障が出てきました。

下肢の外側に痺れは無くて、足の裏の先端に集中しており、
最近両膝も痛くなって
きましたが関節痛ではありません。

掲示板のご回答をいろいろ拝見し、
私も機能性抹消神経障害のように思え、神経ブロック注射が
痺れを解消してくれないものかと期待しております。
私の場合、神経ブロックは痛みのみでなく、痺れにも有効でしょうか。
よろしくお願いします。

         

[2005年6月14日 18時39分25秒]

++++++++++++++++++++++

23・
腰痛および仙骨周辺の痛み
 [2] [2005年 6月14日 18時33分 3秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/0644650338954342.html
-------------------------------
お名前: 匿名希望   

どうしたものかと、ネットであれこれ検索しているうちに
このサイトに巡り会いました。
貴クリニックならお答え頂けるのではと、早速相談をさせて頂きました。
よろしくお願いします。

 腰痛および仙骨周辺の痛みに悩まされています。
腰痛は、かれこれ1年半ほど前に右腰の筋肉を痛めたことが発端で、
そのうち4番5番のきょく間
そのすぐ左隣が痛み始め先日(先週の土曜日)まで治療中でした。

この間、鍼灸、漢方、
椎間板ブロック注射、仙骨ブロック注射、透視ブロック注射、
レーザー凝固等しましたが、
さほど効果がありませんでした。

先日、ペインクリニックのDrのすすめで、
MRI,腹部造影剤CTをとりましたが、異常は見られず、
ペイントしては、これ以上すべき治療がないと、
さじを投げられてしまいました。

精神的なものも大きいのではないかといわれ、
それなりの薬も処方されました。
そうは、言われても、痛みがひどいのは事実であり、
Drをまえに途方に暮れてしまいました。

結局、接骨院で鍼治療をしていくしかないようです。
また、4ヶ月ほど前より仙骨(尾てい骨)およびその周辺も痛くなり、
今では座ることにも事欠く次第です。
座布団を二つ折りにし、それを尻の両脇に敷いて座っている次第です。
痔もあるのではないかとも言われたのですが、
痔が原因でこのような症状が出るものでしょうか?
どうしたらよいものか?
とりあえず、近々肛門科に行く予定です。47才(埼玉男性)

[2005年6月14日 18時26分8秒]
++++++++++++++++++++++
24・
下肢のしびれと痛み
[2] [2005年 6月13日 18時52分41秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/591636839629249.html
-------------------------------
お名前: 匿名希望   

北海道在住33歳女性です。
1年半程前から指、足のしびれ、知覚鈍磨、疼痛
に悩んでいます。
 
経緯
2003年12月4日頃 
 右足かかと、膝の上直径10センチ程度の範囲
 右手親指甲側 の部位で表面の感覚が無く触る
 とびりびりする。
2003年12月中旬
 左膝下やや内側 こぶしぐらいの範囲で同症状
2004年1月3日
 右足太もも裏からお尻の付け根にかけて同症状
2004年1月7日
 夕方から右足の甲(特に指の付けのあたりが強
 い)に同症状
 
 神経内科を受診、血液検査、神経伝導速度検査
 を受けましたが、特に異常ないということで、
 メチコバールを処方されました。
 
2004年1月中旬
 右足甲 冷たさを感じない、ぴりぴりと痛む。
2004年1月26日
 左足の甲、足首(特にくるぶし側)、ふくらはぎ
 にかけて同症状が発症。今までよりとても強い。
2004年2月初旬
 つま先がひっかかり何度か転ぶ。
 左足の痛みがひどく、靴下を履くのもやっと。ち
 ょっと触られても飛び上がる程。赤く腫れている。
 左足のすねから甲にかけて、針でつついたぐらい
 の赤い内出血がたくさんある。左足親指が上方向
 にまったく動かない。足首も上にあげる力が弱い。
 
神経内科再診 ヒコツ神経炎。通常の10分の1し
か伝達されてなく、速度もとても遅いと診断。薬は
メチコバールと痛み止めをもらう。
  
3月から5月
 左足変わらず。両足つけねまでだるくて痛い。立
 っているのがつらい。
 
メチコバールを飲みながら様子を見る。徐々に徐々
に足首の力、親指も動くようになってくる。が反面
左足首が延びなくて、正座ができない。
 
2005年2月11日
 少し落ち着いていたが、突然右手の親指の指先に
 しびれ、痛みが発生。
2005年4月
 久しぶりに神経内科を受診、血液検査等異常なし
2005年6月3日
 左手小指薬指の付け根から指先までしびれ発症。
2005年6月12日今日現在
 左手小指薬指腫れて痛む。冷たさ感じない。しびれ
 もある。うでまでだるい。肩も張ってる。
 
私の行ってる病院では、生活に支障が出るほどではな
いし、動かなかった足も自然に治ってきてるので、こ
のまま様子を見ましょうという診断です。原因はわか
らないといわれています。
でも、つぎつぎと新しい個所に発生し、痛みは弱くな
ってもしびれは残ったままで、毎日辛い思いをしてい
ます。またいつ強い症状があらわれて、体が動かなく
なったら、という不安もあります。原因がわからない
のが一番不安です。このまま様子を見るしかないので
しょうか?
アドバイスよろしくお願いします。

[2005年6月13日 18時48分5秒]
++++++++++++++++++++++
25・
左足にピリピリとした感じ [2]
[2005年 6月 8日 18時39分43秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/143017815034003.html
-------------------------------
お名前: 匿名希望   

46歳 女
昨年10月頃より左足に ピリピリとした感じと左膝内側に腫れがありました.
内科のペインも上手な 先生にかかり 血栓静脈炎と診断され 
ビタミンEでの マッサージとメチコパールで治療良くなりつつあったのですが。
 途中膝が 抜けたようなふくろはぎの痛み 階段のあがるのしんどく
足がカチカチになり 膝の腫れもひどくなりました。

マッサージの人が 左足が短くなり 股関節に炎症があると指摘してくれたので 
整形外科に行きますと左内側半月盤損傷と診断し膝下に注射しました。な
ぜか 納得行かず 又かかりつけの内科に行きその事を伝えますと
膝なら股関節と言い股関節に注射しました。

ヒアルロン酸です 
すると左太もものつっぱってた筋肉もスーと楽になり膝もなおりました。
内科の先生信頼しかよっているのですが又
股関節が 痛くなり今度は 左お尻全体に生理痛みたいな鈍痛を感じ
股関節の注射をし少し楽になりました 

しかし治まらず腰にも注射しました。
とりあえずは治まっているのですが 朝方とかにズキズキと尾てい骨あたりが痛く
又治まりの繰り返しです 

原因としては 先生は リュウマチを 考えていると言ってます。
腰部脊柱管狭窄症もあり腰を引っ張るリハビリもしてプロムナールも飲みました 

又痛くなれば 注射でいいのか 整形外科で 
股関節もみてもらうべきか 原因がわからないので不安で仕方ありません。
内科の先生は ペインでわりっぱな先生だそうです。
接骨院にも行ってます。
説明不足で 申し訳ありません。y宜しくお願いいたします。

[2005年6月8日 18時33分6秒]
++++++++++++++++++++++
26・
両足のしびれが原因不明
 [2] [2005年 5月20日 18時58分39秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/975672188987122.html
-------------------------------
お名前: 匿名希望   

去年の9月頃から 両足のしびれが始まり 
病院に行ったところ腰のレントゲン MRI をうけて何でもないといわれました。

しかし 足首のあたりから 赤黒いアザが
できて 先月信じられない激痛をともない 救急車を呼びました。

そこでは 髄液 
レントゲン MRI  採血 神経に電気みたいなものを流す検査 
などをしても医者からの答えは原因不明。 

ひっかかるような悪いところは無いというのです。 
今も触るだけで痛く 神経に電気を流した検査と似たような痛みがあります。
夜も眠れず 痛み止めの効く3時間だけが まあまあ楽な感じです。
お願いします 何かアドバイスを。

[2005年5月20日 18時42分55秒]
++++++++++++++++++++++
27・
下肢痛で立つ歩くのも辛いのに心因性だと・・。
[2] [2005年 5月19日 15時59分23秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/117656642644764.html
-------------------------------
お名前: 匿名希望   

37歳 女性です。

3年前に新しい会社に入社直後に腰の激痛で
(痛み止めも効かないくらい)通院。

ヘルニアの初期症状と言われ、歩くことは出来ますが、痛みは常にあり、
牽引、鍼、整体等色々受けましたが6ヶ月後ぐらいには下肢に痛みを感じる
ようになり、MRIを撮りましたが、
腰にそれほど痛みを起こすような点はないとのことで
、大学病院にて冷え~と言われ薬を4ヶ月飲みましたが、
痛みは強くなっていき通院をやめました。

その後他の病院でリュウマチ、ギランバレーの症状
と似ているが異常なし、心因性からと言われ安定剤を
10ヶ月服用→中止(結婚した為先生から薬はやめるようにとのことで)
多少痛みが和らぐ日もありましたが、
やはり日常生活での苦痛は変わらず、今は何の治療もしていません。

あきらめて・・とも思いましたが、日常生活で少しでも立つ、
歩くが苦痛なのでつらいです。 
痛む箇所も下肢の色々な部分で説明にも困ります。
歩かない日等は症状が軽いです。
何か当てはまる様な原因はあるのでしょうか?
よろしくお願いします。

動脈硬化の検査もしましたが以上ナシです。
MRIで腰椎の4番5番の間が黒くはなっているが
原因ではないと言われました。

[2005年5月19日 15時39分56秒]
++++++++++++++++++++++
28・
左足の裏からの痺れ。
 [2] [2005年 5月18日 19時26分43秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/493548437793837.html
-------------------------------
お名前: 匿名希望   


山本先生急な装弾で失礼致します

 
5~6年前から左足の裏からの痺れに悩まされ
特に左足の小指が痙攣状態です

最近両足に痺れが酷くなり 色々全ての検査をしても異常無し、
2箇所の病院で検査を受けましたが 異常無しでした。

たまたまインターネットで先生のHP及び掲示板を拝見し
私の表情と類似 このままほっておいたら歩くのも困難になるでしょうか?

今は歩行時は痺れも痛みも感じませんがソファーに横になってる時
仕事で椅子に座ってる時は足の裏から付け根まで強烈な痺れで日々
苦戦苦悩してます。

何かよきアドバイスが有れば宜しく御指導お願い致します。

[2005年5月18日 19時6分7秒]
++++++++++++++++++++++
29・
足の裏の違和感  第2ケーラー病?
 [2] [2005年 5月 1日 12時 8分33秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/52116109345025.html
-------------------------------
お名前: 受験生の親   

題名:足の裏の違和感
 相談者:受験生の親 年齢:44 性別:女性 地域:東京都 2005/04/30 (土)20:54:40
 始めてご相談申\し上げます。
18歳の男子高校三年生の次男が、
10日ほど前から、左足裏、土踏まずと親指の中間ぐらいの位置に
違和感があると訴えております。
ガムをふんづけて歩いているような感触だということで、特に痛み
が強いわけではないようです。靴に異物が挟まっているような痛みといえば痛み、
痺れといえば、痺れに近い感覚らしいです。

日ごろ、特に運動はしていません。軽いアトピー症状があります。
小学3年の頃、第二ケーラー病が自然治癒したことがありますが,
どちらの足だったか、記憶が定かではありません。

見た目は、患部が赤くなっている様子もなく、進行している様でもないのですが、
受験も控えていることでもあり、気がかりです。
どの診療科にかかったら良いものか、途方にくれております。
ストレス性のものという可能\性もあるのでしょうか。
よろしくご教示いただければありがたく存じます。
よろしくお願い申\し上げます。

[2005年5月1日 12時2分56秒]
++++++++++++++++++++++
30・
両下肢の冷感・痺れ感とふらふら感
  [2] [2005年 4月22日 18時42分23秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/974972780401917.html
-------------------------------
お名前: 匿名希望   

両下肢の冷感・痺れ感とふらふら感      

およそ2ヶ月上の症状が続いています。この間に神経内科・
循環器内科・整形外科・一般内科を渡り歩きました。 それ
ぞれの医病院で専門の検査を受けましたが特に問題になる
ような事はなかったようで心因性だと思うので精神科か心療
内科にといわれ先日精神科クリニックで問診を受けました。
神経症ではと言われソラナックス0.4mを1日3回処方されまし
たが1週間ほど経っても症状の改善は見られません。以前
内科医からデパスをいただいて服用したときの方が気分はよ
かったと思います。
来週心療内科に行こうと思いますがなかなか治りにくいので
しょうか。
明日は整形外科で腰椎を調べていただこうとおもいますが。

[2005年4月22日 18時25分46秒]
++++++++++++++++++++++
31・
足の裏(足首まで)のしびれ
[2] [2005年 2月12日 18時 9分43秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/304377358014793.html
-------------------------------
お名前: 匿名希望   

初めて、ご相談させていただきます。
年齢44歳、身長162cm体重51kの女性です。
タバコは1日1箱、お酒はワインをボトル半分という生活を続けて
おります。
実は、
昨年11月上旬から足の裏(足首まで)ピリピリとした痺れがあり、
整形外科で腰のレントゲンを撮りましたが、異常なしと言われ、
更年期と思い婦人科で血液検査をしましたが、これもまた更年
期の症状ではないと言われ様子を見ておりましたが、一向に足の
裏のピリピリと痺れは取れず、特に就寝時はかなり気になり寝つき
が悪くなります。
内科の先生から神経内科の診療を進められましたが、何か悪い
病気が隠れているのでしょうか、ご返事いただけたら幸いです。

[2005年2月12日 16時52分58秒]
++++++++++++++++++++++


以上は
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」からの
「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)
に関する
御相談の「ごく一部」です。

書き足りないことも多く編集を重ねていきたいと
考えています。

「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)
の患者さんでまだ「診断」のつけられていないかた
或は違う「診断」をつけられているかたの御参考になれば何よりです。
御参考になれば何よりです。

[2007年9月13日 17時13分3秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医)    URL
「知覚異常性大腿神経神経痛」について「過去の御相談と御回答」より.ver1

++++++++++++++++++++++
1・ [2007年 7月15日 16時20分26秒] から
30・ [2005年 2月12日 18時 9分43秒] まで
さかのぼって御記載致します。

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」から
「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)

御相談文面とURLを下記に御記載致します。

「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)
の患者さんでまだ「診断」のつけられていないかた
或は違う「診断」をつけられているかたの御参考になれば何よりです。
++++++++++++++++++++++


#1
「腰痛・下肢痛」或は「腰・下肢の「しびれ感」」
そして下肢は独特の太股の外側からふくらはぎそして
足底の「しびれ感」という特徴のある「しびれ感」があり
「運動麻痺」は絶対に伴わない。
御高齢の患者さんの場合は「足の裏に砂がへばりついた」ような
「症状・症候」が極めて特徴的です。
「臨床神経診断学」で「診断」は困難ではありません。


#2
「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)

1895年Rothにより「meralgia paraesthetica」
と命名され
Bernhardtにより「外側大腿皮神経パレステジア」
と記載されました。

「知覚異常性大腿神経神経痛」
或はmeralgia paraesthetica(メラルギア・パレステチカ),
 Roth-Bernhartd症候群などと呼称されます。

「体温変化」はAδ(Aデルタ)線維という
感覚神経の細い線維で情報伝達されるのだけれども
このAδ(Aデルタ)が「頚部暖房・エアコン中など外部温度変化」により
「不調(よく漏電と説明)」をおこして発症する
ので「温度に関する「感覚障害・知覚障害」」の
「症状・症候」を伴うことがが特徴。

一番の特徴はCT・MRIなどの反復を精査されたり
患者さんが困り果てて病院=御施設を点々と渡り歩くはてに
その既往からドクターからは
「神経質な患者」の烙印をおされて「診療情報提供書」にも
付記されていることが多いものです。

一番困るのは「脊椎の疾患」と間違われることです。
その次に困るのは「心療内科専門医先生」の病気と間違われる
ことです。

[2007年9月13日 17時9分40秒]

「知覚異常性大腿神経神経痛」について「過去の御相談と御回答」より.ver1

 

++++++++++++++++++++++
1・ [2007年 7月15日 16時20分26秒] から
30・ [2005年 2月12日 18時 9分43秒] まで
さかのぼって御記載致します。

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」から
「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)

御相談文面とURLを下記に御記載致します。

「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)
の患者さんでまだ「診断」のつけられていないかた
或は違う「診断」をつけられているかたの御参考になれば何よりです。
++++++++++++++++++++++


#1
「腰痛・下肢痛」或は「腰・下肢の「しびれ感」」
そして下肢は独特の太股の外側からふくらはぎそして
足底の「しびれ感」という特徴のある「しびれ感」があり
「運動麻痺」は絶対に伴わない。
御高齢の患者さんの場合は「足の裏に砂がへばりついた」ような
「症状・症候」が極めて特徴的です。
「臨床神経診断学」で「診断」は困難ではありません。


#2
「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)

1895年Rothにより「meralgia paraesthetica」
と命名され
Bernhardtにより「外側大腿皮神経パレステジア」
と記載されました。

「知覚異常性大腿神経神経痛」
或はmeralgia paraesthetica(メラルギア・パレステチカ),
 Roth-Bernhartd症候群などと呼称されます。

「体温変化」はAδ(Aデルタ)線維という
感覚神経の細い線維で情報伝達されるのだけれども
このAδ(Aデルタ)が「頚部暖房・エアコン中など外部温度変化」により
「不調(よく漏電と説明)」をおこして発症する
ので「温度に関する「感覚障害・知覚障害」」の
「症状・症候」を伴うことがが特徴。

一番の特徴はCT・MRIなどの反復を精査されたり
患者さんが困り果てて病院=御施設を点々と渡り歩くはてに
その既往からドクターからは
「神経質な患者」の烙印をおされて「診療情報提供書」にも
付記されていることが多いものです。

一番困るのは「脊椎の疾患」と間違われることです。
その次に困るのは「心療内科専門医先生」の病気と間違われる
ことです。

「坐骨神経痛:schiatic neuralgia」
(この坐骨神経痛は元来稀なものです)と
「いとも簡単に「診断」を告げられる」という
特徴が
「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)
の患者さんの場合稀ならず御座います。

 


#3
典型的な
「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)
の「症状・症候」でもあるにも関らず

1・
type(タイプ)1
CT・MRIなど「画像診断」に「「異常所見」無し」
であるため「治療戦略」がまったくたたないタイプ
2・
type(タイプ)2
CT・MRIなど「画像診断」にて「「異常所見」無し」
ではあるが。
「加齢(aging)」で「生理的変化として御年齢相応」の
「画像所見」を「間違って「病態」」とされて「治療戦略」を
とられその結果「治らない」まま放置される。
3・
type(タイプ)3
「臨床神経診断学」からは「病態」が「感覚障害・知覚障害」とは
判断されても・「画像診断」からは適合する所見がないため
「心療内科」「精神科」の「病態」とされる
4・
type(タイプ)4
たまさか「感覚障害・知覚障害」の「部位と範囲」に
「下肢静脈瘤:varix:バリックス」などがあるために
「下肢静脈瘤:varix:バリックス」が原因とされる
4・
type(タイプ)5
その他。

の「症状・症候」の既往から
分類されます。

 

 


#4
「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)
の患者さんの「感覚障害・知覚障害」としての
この「腰痛・下肢痛」或は「しびれ感」には特徴が御座います。

##1
「腰痛」を伴い疼痛或は「しびれ感」は
まずは
「大腿外側」から発症するものです。
##2
「膝関節痛」或いは
「更には下肢外側痛或は脹脛痛」として広がります。

##3
この「しびれ感」は「ある朝」或は「就眠時」「就眠中」に
突如として出現することが多いものです。

##4
けれども「運動神経麻痺」は全く伴いません。

##5
「しびれ感」の特徴は
「弱い電気を感じられているビリビリする様な御自覚症状」
と考えます。

##6
「下肢足」の「親指付け根」・「薬指の付け根」・
「踝の上」・「大腿」外側に「しびれ感」「症状・症候」が
あることが多いものです。

##7
下肢「しびれ感」の場合「体重」をかけていると
消失或は著明に軽減致します。

##8
「入浴にて浮力で体重負荷が無く」なると
「症状・症候」は軽減致します。

##9
けれども「症状・症候」の強い方や
御高齢の方は「浴槽」からでた後に」急激に
「症状・症候」が増悪することが多いものです。

##10
「いすに座ったり」して「体重負荷」が減じると「症状・症候」
は増悪して「足指先端」の「冷痛感」で「激痛」にばけることも
御座います。

##11
「体温変化」はAδ(Aデルタ)線維という
感覚神経の細い線維で情報伝達されるのだけれども
このAδ(Aデルタ)が「頚部暖房・エアコン中など外部温度変化」により
「不調(よく漏電と説明)」をおこして発症する
ので「温度に関する「感覚障害・知覚障害」」の
成分が特徴です。

 

 

 

 

#5
##1
下肢のみでなく上枝にもしびれのあることが多いものです。
如何でしょうか。

##2
上枝の「しびれ感」の場合
「手指の親指・人指指(第1・第2指)か
小指・薬指(第4・第5指)」に
絵に書いたような「しびれ」が御座います。

##3
更に上肢の場合
男性が腕時計を眺める上肢の部位にしびれ感があるのが
特徴で御座います

##4
「下肢痛」で「御診断」が付かず苦労される患者さん
が「知覚異常性大腿神経神経痛」では後をたちません。

##5
時として「疼痛性歩行障害」にすら至ります。

##6
「機能性末梢神経障害」であり画像診断には「異常所見」
が得られないため正診断率の大変低い
「疼痛系の「症状・症候」」でございます。

##7
「神経ブロック」或は「神経根ブロック」
或は「硬膜外ブロック」が著効致します。

##8
「症状・症候」のレベルを間違えられて
「おしり=臀部直上」の「ブロック」を施行されることが
稀ならず御座います。

##9
これらの
「経仙骨孔ブロック」或は
「硬膜外ブロック」の「仙骨ブロック」を施行されても
一向に良くなりません。

 

 

 

 

 

#6
##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「延長線上あるいは同一線上にある病態」に
「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)
という「病態概念」が御座います。

##2
「知覚異常性大腿神経神経痛」
(本当は神経痛ではないのですが)
の「症状・症候」は正診断率の大変低い
「疼痛系の「症状・症候」」でございます。

##3
主役は外側大腿皮神経という有名神経であり
「第2,3腰神経前枝の後部」から発生する
「有名な神経」で御座います。

##4
「末梢神経名称」でいけば
「外側大腿皮神経」が病態の主役であることが多いものです。

##5
L2神経根といえば
###1
陰部大腿神経
###2
外側大腿皮神経
###3
大腿神経
###4
閉鎖神経の源流です。

##6
「神経ブロック」では
「外側大腿皮神経ブロック」

##7
或は
「神経根ブロック」では
「L2神経根神経根ブロック」が著効致します。

##8
上記の「神経ブロック」或は「神経根ブロック」による
治療は
しっかり治されるためには「機能性末梢神経障害」にお強い
「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」
が施術可能です。

 

 


#7
##1
「左腕や肩より上は今のところ違和感はなく、
痺れはその時々で変化しますが
わずかな痺れを脚の甲やおしり、太ももの裏、すねなどに感じます。」
というような「腰・下肢の「しびれ感」」より
「遥かに離れた」「肩こり・頸こり・背中こり」」
の「症状・症候」のおありの患者さんもいらっしゃいます。

##2

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」に
「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)
の合併した「病態」です。

##3
一番困るのは「脊椎の疾患」と間違われることです。

##4
「頚椎」であれば
「絵に書いた餅のようにまたは何かの一つ覚えのように
第5第6頚椎椎間板がすりへっていて
「頚椎の弯曲」がおかしい或は或はまっすぐだと言われます
「腰椎」であれば「「第3・4腰椎」に「ヘルニアがある・
脊椎すべり症」などといわれます。

##5
「臨床神経学的」にMRIで或いは頚椎X線撮影の
画像診断の「症状・症候」が「臨床症候」と合致すれば
何も問題もないのですが。

##6
御相談者の御相談内容要旨御記載のように
99%ほぼ100%の患者さんで「頚椎X線撮影所見」或い
「はCT・MRI」は「臨床神経診断学」と合致致しません。

##7
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。

##8
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
「月木おち」(saturday-sunday-monday fall)]

##9
早朝に「症状・症候」が強い患者さんが多いです。


##10
正診断率の大変低い「疼痛系の「症状・症候」」でございます。

 

 

 

#8
##1
「脊椎の骨がつぶれて神経を圧迫しているとのことでした。
通常は腕に症状が出ることが多いとのことです。

その後、牽引や電気治療を受けましたが効果を感じず、
漢方薬、鍼、整体なども試しましたが、長続きせず、
効果を感じないまま、現在に至っています。」
というような事例が御座います。


##2
このような
事例の場合
「牽引」は「逆療法」になります。

##3
治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
外用薬も用いて場合により神経ブロック・「神経根ブロック」
を施行いたします。
(「神経ブロック」といっても「星状神経節ブロック
(SGB)」は全く「効果」がありません)

##4
なお
「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
と「延長線上あるいは同一線上にある病態」
です。

##5
そして「肩こり・頸こり・背中こり」」が
御強いようであるならば。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」+
「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)
が「病態」です。

##6
しっかり治されるためには「機能性末梢神経障害」にお強い
「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」を
御受診されるのが宜しいと考えます。


##7
但し「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」
でも「機能性末梢神経障害」に苦手な先生もいらっしゃいます。
全く「名称」すらちんぷんかんぷんなこともあります。

##8
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

 

 

#9
下記。

1・ [2007年 7月15日 16時20分26秒] から
30・ [2005年 2月12日 18時 9分43秒] まで
さかのぼって御記載致します。

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」から
「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)

御相談文面とURLを下記に御記載致します。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


1・
1年2ヶ月前より左足先から左背中・腹部にかけて温感異常で頚椎症の診断。
 [2] [2007年 7月15日 16時20分26秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/705268874139623.html

2・
祖父・祖母共に足底に常時、砂の上を歩いているような感触で辛い
 [2] [2007年 5月13日 16時30分 4秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/773277060202421.html

3・
直立、歩行困難の原因と治療法のご質問
 [2] [2007年 2月28日 19時37分21秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/870311288236739.html

4・
昨年10月頃から左足太腿外側の痺れ・最近症状が強い
[2] [2007年 1月15日 18時38分 3秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/346058141979487.html

5・
足が常にしびれている。特に左足・指先が少し酷い様な感じ。
 [2] [2006年11月30日 17時26分16秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/0793120475291325.html

6・
下肢の足趾の「しびれ感」と診断がつない足底部違和感
 [2] [2006年11月29日 18時53分57秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/37684112794614.html

7・
65歳の男性。両側足底部に砂の上を歩行するような違和感・疼痛
[2] [2006年 6月18日 15時47分33秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/99530520809731.html

8・
右足の薬指がしびれています
[2] [2006年 6月12日 18時17分45秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/172884208456711.html

9・
頭痛と手足のしびれ
 [2] [2006年 5月21日 13時38分20秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/996473951338888.html

10・
舌の痛み 足の痺れと痛み
[2] [2006年 5月11日 13時59分25秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/413356680729525.html

11・
左顔面、左指(小指、薬指、中指)、左足の痺れ。頚部痛み以前有難り。
 [2] [2006年 5月11日 13時14分47秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/66316945695235.html

12・
静脈瘤があるのですが左ふくらはぎの浮腫
 [2] [2006年 3月12日 10時35分52秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/637550554777594.html

13・
左足の痺れ、麻痺について
 [2] [2006年 2月 6日 7時59分35秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/634573944685147.html

14・
頭痛+手のしびれ感+下肢のしびれ感
[2] [2006年 2月 1日 18時45分54秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/504939430932613.html

15・
一年ほど左足親指と人差し指の間に激痛
 [2] [2006年 1月22日 12時35分 4秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/666907639782043.html

16・
両脚の足底部の痛み [2] [2006年 1月19日 10時37分53秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/926750695639388.html

17・
まさかこれはぎっくり腰か??
 [2] [2006年 1月17日 18時20分30秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/173630523103387.html

18・
太股外側と腰がヒリヒリ痛みます 2
[2] [2005年11月 2日 18時 8分23秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/828669776748033.html

19・
太股外側と腰がヒリヒリ痛みます
[2] [2005年11月 2日 14時56分 0秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/537768003604473.html

20・
上肢の痺れ=>両側下肢の痺れ
[2] [2005年 8月27日 18時48分 2秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/240629796012403.html

21・
右足の裏、親指と人さし指の付け根部分に痛
 [2] [2005年 6月22日 19時10分 8秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/811596789005311.html

22・
足の裏先端と手の指先が痺れます
 [2] [2005年 6月14日 18時42分24秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/0939050403694672.html

23・
腰痛および仙骨周辺の痛み
 [2] [2005年 6月14日 18時33分 3秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/0644650338954342.html

24・
下肢のしびれと痛み
[2] [2005年 6月13日 18時52分41秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/591636839629249.html

25・
左足にピリピリとした感じ [2]
[2005年 6月 8日 18時39分43秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/143017815034003.html


26・
両足のしびれが原因不明
 [2] [2005年 5月20日 18時58分39秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/975672188987122.html

27・
下肢痛で立つ歩くのも辛いのに心因性だと・・。
[2] [2005年 5月19日 15時59分23秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/117656642644764.html

28・
左足の裏からの痺れ。
 [2] [2005年 5月18日 19時26分43秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/493548437793837.html

29・
足の裏の違和感  第2ケーラー病?
 [2] [2005年 5月 1日 12時 8分33秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/52116109345025.html

30・
両下肢の冷感・痺れ感とふらふら感
  [2] [2005年 4月22日 18時42分23秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/974972780401917.html

31・
足の裏(足首まで)のしびれ
[2] [2005年 2月12日 18時 9分43秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/304377358014793.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

1・
1年2ヶ月前より左足先から左背中・腹部にかけて温感異常で頚椎症の診断。
 [2] [2007年 7月15日 16時20分26秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/705268874139623.html
++++++++++++++++++++++
お名前: 匿名希望   
はじめまして。43歳男性です。

1年2ヶ月前より
左足先から左背中・腹部にかけて温感異常を感じるようになりました。

最初は足の裏が少ししびれているような感覚で始まり、
徐々に範囲が広がったと思います。

特に風呂に入ったときに右足と比べ温感が鈍く感じることと、
左半身に水滴や、冷たい物が
触れたときにピリッとした不快感を感じます。

左腕や肩より上は今のところ違和感はなく、
痺れはその時々で変化しますが
わずかな痺れを脚の甲やおしり、太ももの裏、すねなどに感じます。

病院にてMRIなどの検査を受け、頚椎症だと診断されました。

首の骨がつぶれて神経を圧迫しているとのことでした。
通常は腕に症状が出ることが多いとのことです。

その後、牽引や電気治療を受けましたが効果を感じず、
漢方薬、鍼、整体なども試しましたが、長続きせず、
効果を感じないまま、現在に至っています。

このまま症状が悪化するのではないかと不安に思います。
本当に頚椎症なのでしょうか?

漢方薬、鍼、整体の先生は首ではなく
腰に問題があるという風に言っていました。
そちらの医院での治療で治りますでしょうか?
Sunday, July 15, 2007 3:00 PM

[2007年7月15日 15時00分29秒]

++++++++++++++++++++++
2・
祖父・祖母共に足底に常時、砂の上を歩いているような感触で辛い
 [2] [2007年 5月13日 16時30分 4秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/773277060202421.html
-------------------------------
お名前: 匿名希望   
山本博昭先生

はじめまして。

多忙な先生に御相談を差し上げるのは
ご迷惑かと思いましたが、
どうしても先生にお聞きしたいことがあり、
勝手ながら筆を取りました。
やっと話をわかっていただけそうな気がして。

私の祖父(89)・祖母(85)が共に
常時、砂の上を歩いているような感触が足裏にあるらしく、
かかりつけの医師に相談したところ、
まず「糖尿病」を疑われ、検査をしたところ、
結果は「血糖値に異常なし」。

医師はその結果を受けて、
「気のせいでしょう」と受け流したそうです。
毎日の足裏の不快感を「気のせい」と片付けられたこと。
悲しかったです。

あきらめることはできないので、
別の医師にも相談してみました。
しかし、そこでも「原因がわからない」
「年のせいだから仕方がないでしょう」との返答。

その後、何軒も医者を渡り歩きました。
どこでも、原因がわからずじまい。
そして、今に至ります。

インターネットの検索で、
いろんなキーワードを当てはめ調べ続けたところ、
山本クリニックでの症例にひっかかりました。
症状が似ていたのです。

祖母の話では、同年代の友達にも
同じ様な症状(砂を踏んでいるような感覚)を
抱えている人が結構いるとのこと。

◎治療方法はありますか。
◎高齢者には多いもので、年齢的に仕方ないのでしょうか。

認知症の祖父がごみ箱をそばに置いては
「いつの間にか砂が入って、
靴下をはたいてみるんだけど入ってないんだ」と
毎日毎日つぶやきながら繰り返しているのが
気の毒でなりません。
砂は入っていないと説明しても、
祖父には理解できないですから。


山本先生、もう頼れる医師がいません。

 


Thursday, May 10, 2007 11:02 PM

[2007年5月10日 11時02分8秒]

++++++++++++++++++++++
3・
直立、歩行困難の原因と治療法のご質問
 [2] [2007年 2月28日 19時37分21秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/870311288236739.html
-------------------------------
お名前: 匿名希望   
山本クリニック
山本博昭先生
     平成19年2月27日 

64才男性です。
悪化進行しているようで、上半身は自覚が無いのですが、
最近、直立、ふらつき、歩行困難が進行しています。

○○市内の病院で特に悪いところはないとの診断ですが、
このままでは、寝たきりになるのではないかとの不安感さえあります。
お忙しい中、恐縮ですが、ご診断をお願い致します。

約1.5年前に歩行に異常を感じ
、現在まで3つの総合病院の整形外科、神経内科で
脊椎、頭部のMR-I、CPKなどの検査を受け、
関節、脳梗塞、パーキンソン病など殆んど、
異常がないので様子を見なさいとのことでした。

最近、直立、ふらつき、歩行困難が進行しています。
なお、脚部以外は正常です。これらの原因と治療法をお教え下さい。
Wednesday, February 28, 2007 4:40 PM

[2007年2月28日 16時40分48秒]

++++++++++++++++++++++
4・
昨年10月頃から左足太腿外側の痺れ・最近症状が強い
[2] [2007年 1月15日 18時38分 3秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/346058141979487.html
-------------------------------
お名前: 匿名希望   
昨年10月頃から左足太腿の外側が痺れるようになりました。
とくに布団に入って寝るときや、朝方痺れがひどくなり、
最近では寝ているときでも痛みで起きてしまうくらいです。

まるで虫かミミズが太腿の中をはっているような痺れと
キーンと冷たく感じる痛みがあります。

私はヘルニアなのですが、先日この痺れの為整形外科を訪問
したのですが、レントゲンやMRIをとりましたが
結局鮮明な原因がつかめず、結局ヘルニアの影響ではないだろうか?
との診断でビタミン剤や鎮痛剤をいただきました。

鮮明な原因がわからず薬を飲むのには抵抗があり薬は飲んでおりません。
自分では痛みを気にしすぎなのかな?と思いながら3ヶ月我慢してきたのですが
ココ最近痛みが酷くなってきているように感じます。

手などで太腿を触っているとだいぶ楽になるのですが。。。
布団に入って寝るときが一番辛いです。

一体何が原因での痺れなのか分からず治療方法もわからず何科の病院へ
行ったらよいのかもわからずこのままどんどん酷くなっていくのでは?
と不安です。
アドバイスをよろしくお願いいたします。
Monday, January 15, 2007 11:16 AM

[2007年1月15日 11時16分10秒]

++++++++++++++++++++++
5・
足が常にしびれている。特に左足・指先が少し酷い様な感じ。
 [2] [2006年11月30日 17時26分16秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/0793120475291325.html
-------------------------------
お名前: 匿名希望   
32歳 男 
現在○○○○在住しております。

症状
足が常にしびれている。
(血流が悪いような、変な姿勢で寝てしまった時に
しびれたりするような感じです。)
特に左足、指先の方が少しひどいような感じ。
尻もしびれています。

左後ろ腰が立ち上がったりするとき(車の乗り降り)に痛みます。
(立ち上がる事は可能)
熱が夜になると37度前後と若干高くなる
若干お腹の調子が悪い(くだり気味。)

2週間前に変なウィルスをもらい39度程度の熱が4~5日続き、
治りかけた頃その後このような状態となりました。
しかし腰はこのウィルスに犯される前より痛みがありました。

病院に相談しましたが、ウィルスによる発熱の後の
ミネラル不足と言う事で4~5日薬を飲めば治るということ。
しかし症状がほとんど変わらない為、不安となっております。

なにとぞご教授お願いします。
場合によっては、至急○○で精密検査を受けなければとおもっております。
よろしくお願い申し上げます。
Thursday, November 30, 2006 8:34 AM

[2006年10月30日 08時34分58秒]

++++++++++++++++++++++
6・
下肢の足趾の「しびれ感」と診断がつない足底部違和感
 [2] [2006年11月29日 18時53分57秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/37684112794614.html
-------------------------------
お名前: 匿名希望   
57歳の主婦です。
 
15年8月22日に、右側下肢に、激痛が走り、2.3時間で、治まり
その後、 
下肢のしびれや、右足第2指に力が、入らず、いまだに、つま先たちが、出来ません
 2か月 位で、下肢のしびれは、とまりましたが
16年はじめからは、
足の裏に、違和感を、感じるようになり、
整形外科、接骨院、整体、針、加圧トレーニング、水泳等
ためしてきましたが、回復の兆しどころか、足の裏、全体に、
ごわごわとした、違和感が、厚みを増したように感じるこのごろ
18年夏には、
右足にも、指の付け根に違和感を、感じるようになり、不安な毎日です
今年、10月大学病院で、検査入院し、 
MRI 頚椎、胸椎、腰椎、また、4.5番の腰椎に神経根ブロックを
また、血流を、よくする、注射を、5日間、
神経内科では、神経伝達や、
筋力テストを受けましたが、はっきりした、事が、つかめない状態です。
いまの状態で、一番の悩みは、とにかく、足の裏全体の違和感が、
少しずつでも、改善される、治療がわかればと、お便りしました
よろしくお願いします
 
Tuesday, November 28, 2006 6:42 PM

[2006年11月28日 18時42分48秒]

++++++++++++++++++++++
7・
65歳の男性。両側足底部に砂の上を歩行するような違和感・疼痛
[2] [2006年 6月18日 15時47分33秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/99530520809731.html
-------------------------------
お名前: 匿名希望   
山本先生

65歳の男性です。
3週間ほど以前より左右対称で両足裏の痺れが強く、、
歩いていると砂の上を素足で歩いているようです。

休んだり睡眠中は足指、裏に硬いものが張り付いた感じです。
痛みも多少あります。
両手のひらはほてったような感じです。
最初は少しふらつく程度でゴルフも遣ってましたが最近は痺れも強く,
歩くと疲れるので運動不足気味です。
筋力も多少落ちてますがそれほど弱ってはいません。
内科、神経内科、整形外科でMRI等検査の結果は
糖尿、脳梗塞、頚椎系統の原因は見当らず、様子見の現状です。
神経伝達速度検査の結果は両手は問題ない。
右足は少し遅いが
ギランバレー症候群を疑わせるような波形ではないということです。

参考になるか分かりませんが
痺れが発生した前日首を強く指圧を受けた事実があります。

この程度で原因が特定できますでしょうか。
このまま放置してよいものか
(痺れというものは回復するのでしょうか)、
早期に手当てして痺れを緩和する必要あるとも思いますが
如何なものでしょうか。
診察必要なら出向きたいと思いますが如何でしょうか


Sunday, June 18, 2006 12:32 PM

[2006年6月18日 12時32分10秒]

++++++++++++++++++++++
8・
右足の薬指がしびれています
[2] [2006年 6月12日 18時17分45秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/172884208456711.html
-------------------------------
お名前: よしこ   

東京都 よしこ 40才女性


右足の薬指がしびれています

40才女性です。
4~5日前から朝起きると右足の薬指がしびれています。
そのまま普通に生活していると、そのしびれが右足親指・
甲あたりからだんだんと広がり、お昼ごろには膝・太腿の
外側へ広がってゆきます。痛みなどはありません。軽く
しびれている感じです。感覚はあります。
椅子に座っているとだんだんひどくなり、しばらく横に
なり足を伸ばすと軽減されます。
しばらく様子を見ていてもよいものでしょうか?
よろしくお願いします。
Monday, June 12, 2006 2:26 PM

[2006年6月12日 14時26分9秒]

++++++++++++++++++++++
9・
頭痛と手足のしびれ
 [2] [2006年 5月21日 13時38分20秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/996473951338888.html
-------------------------------
お名前: 匿名希望   

 


皆様の相談内容と先生の回答を拝見して、
小職も思い当たる箇所が多いので同じ様な
病気ではないかと思われます。
症状を下記に記載しますので、アドバイスを宜しくお願い申し上げます。

1)本年1月に手足のむくみと目の充血
  (アレルギーでは無いかと点眼液を使用。手足のむくみは自然に治まる)

2)こめかみ横の偏頭痛 時々発生・・・昨日から本日まで。

3)1月末より手足のしびれが継続する。
  箇所
  ・右親指第一間接側部
  ・右中指第一と第二間接側部中間
  ・左人差し指第一から付け根までの側部

  ・左右足の人差し指上部
  ・左足かかと

4)この様な症状が続いていて朝はじっくりと睡眠が出来ない

以上、何科にお世話になれば、宜しいでしょうか。
PS.近所のクリニックでメチバコールを2週間分頂きましたが、
症状はよくなりませ
ん。

 

お忙しいとは思いますが、アドバイス頂きたく御願い致します。

Monday, May 15, 2006 10:09 AM

[2006年5月15日 10時09分20秒]

++++++++++++++++++++++
10・
舌の痛み 足の痺れと痛み
[2] [2006年 5月11日 13時59分25秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/413356680729525.html
-------------------------------
お名前: 匿名希望   


33歳 女
1年半前より、舌の右側部にしびれるような、
やけどをしたような痛みがあります。

3ヶ月前より、右足の中指・薬指あたりに違和感が始まり、
だんだんとしびれ、
続いて足裏にしびれ、足首に痛み、ひざ裏に痛み、
臀部に痛みがでてきました。
最近は左足指にも同じような違和感・しびれがあり、
だんだんと悪くなっていくようで心配です。

腰痛や、首痛もあります。
他にも、ふくらはぎなどども筋肉痛のような痛みがあり、
心配です。

頭の毛を引っ張られるような、
毛が逆立つような違和感もあります。

これについては婦人科で漢方薬を処方してもらっています。

整形外科で足指のレントゲン、
神経内科で頭部MRI・腰部MRIをとりましたが異常なしでした。
12月に出産し、現在授乳中であることもあり、薬は出ていません。

どの病院を受診すればよいかも分からず、
不安な毎日です。お忙しいところすみませんが、
よろしくお願いします。


Wednesday, May 10, 2006 3:14 PM

[2006年5月10日 15時14分13秒]

 

御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談ですね。
また
「大阪府」を始め関西方面から「レーザー光照射」で御通院中の患者さん
は多いものです。
御相談者の御相談内容要旨御記載から御相談者の御相談内容要旨を
把握して御回答させて頂きます。

 

++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

「今までの私の経過から世田谷区の山本クリニックの山本先生
が御読みいただいて何でも結構です。
注意することがあれば教えていただけますか。」

大きな「補足事項」は思いに当たりません。

本邦では
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんは
皆様
御相談者と同じくに苦労されています。


御相談者の御相談内容要旨御記載からは
御相談者の「つつましやかな・澄みとおる
お心持ち」が伺えます。
しいての補足事項とてありませんが
「レーザー光照射」の「回数(日)」ぼつどに
毎回さまざまに御話しをさせて頂きます。

 


下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++

 

 

 

#1
##1
「32才女性です。大阪在住です。
鼻の酒さで悩みに悩んでいるまま10年近くたちました。
もう5年前から山本先生の相談をよく読ませて頂いております。
3年前から山本先生でないとだめだなあと確信するようになりました。

私の鼻以外にも額や頬にも酒さがありますが一番困っているのは鼻です。

私も昨年ようやくだまって受診した大学病院の皮膚科で
初めてすぱっと酒さですと診断され山本先生の仰るように
「鼻が一番強いですね。あと額と頬そして顎にも酒さがあります
第I度で紅斑酒さです」と診断されました。
そこの大学病院の皮膚科では
「レーザー以外は治療法はないが今そこの大学には酒さのレーザー
もおいてはいないし診てくださった先生御自身も含めて
酒さのレーザーのできる先生もいない」といわれました。
ちょっとずるかったかなとも思いつつ
毛細血管拡張症でしょうかと聞くと
「いや酒さと毛細血管拡張はちょっと違うので赤ちゃんの
毛細血管のレーザーではできません」といわれ逆にほっとしました。


昨年まで10年近く結果としてはあちこちの美容外科や形成外科を9件くらい
(正確に施術をしていただいたのが5件・施術を希望しなかった美容外科
は4件あります)回りました。

どこの美容外科や形成外科もきまりきって「赤ら顔」という診断で
きまりきって「毛細血管拡張症」が原因といわれます。

藁をもすがる思いでしたから「赤ら顔」の診断でもいいから
酸ピーリングもしたしイオン導入もしたしレーザーもしました。
Vビームレーザーも3箇所でして頂きました。
3箇所とも結果は決まって鼻の出血になり青くなりました。
そしていずれも結果はきまっていて逆にわるくなりました。
4・5回目にいわれることは決まっていて
「あなたはVビームレーザーにはあわないからもうこないで下さい」
でした(もうなれました)。

3年くらい前から貯金をし山本先生の
酒さのレーザーをしていただけるようになり60-70回は
レーザーが通院費用も含めて可能です。

幸い勤め先が(水曜日)が休みです。
規則正しく通院は可能です。

山本先生がレーザー外科を決断された患者さんしか拝見されない
ことはよく存じております。
来週そうそうから是非とも予約をお願いしようと思っています。
(実は中にははいりませんでしたが上京のおりに世田谷区の山本先生の
山本クリニックには何回か通院訓練をしておりました(笑))

酒さには身をもって体験した知識が沢山つまっています。

今までの私の経過から世田谷区の山本クリニックの山本先生
が御読みいただいて何でも結構です。
注意することがあれば教えていただけますか。

お忙しいところを申し訳ございません。」
との事です。

 

 

 

 

#2
##1
「鼻の酒さで悩みに悩んでいるまま10年近くたちました。
もう5年前から山本先生の相談をよく読ませて頂いております。
3年前から山本先生でないとだめだなあと確信するようになりました。」
=>
「10年間」に「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」


で「赤」を強調はされていないので
「桃酒さ:しゅさ:pinky rosacea:ピンキー・ロザケア」」
で御苦労されていたことが
とてもよく判ります。

##2
「私の鼻以外にも額や頬にも酒さがありますが一番困っているのは鼻です。」
との事です。
=>
御相談者の御相談内容要旨御記載の
大学病院の「皮膚科科外来」の「皮膚科専門医先生」の
お話と「あわせれば」。
「症状・症候」が強いのは
「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」
ではあるけれども。

「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
「あご酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」
「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」
と一通りの「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)
を御持ちであることがよく判ります。

##3
「私も昨年ようやくだまって受診した大学病院の皮膚科・・略・」
から
と大学病院の「皮膚科科外来」の「皮膚科専門医先生」の仰られた
とおりに
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は「レーザー光照射」以外の「治療戦略」は
ありません。

##4
「「レーザー以外は治療法はないが今そこの大学には酒さのレーザー
もおいてはいないし診てくださった先生御自身も含めて
酒さのレーザーのできる先生もいない」といわれました。
との事です。
=>
実直な先生で宜しかったです。
「「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「レーザー光照射装置」」
といえば限られますし。
「レーザー光照射装置」はあったとしても
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「レーザー光照射」が
可能な先生はいない。
=>
当然ながら
「大変に実直な先生」に「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
と診断されて宜しかったです。

##5
「ちょっとずるかったかなとも思いつつ
毛細血管拡張症でしょうかと聞くと
「いや酒さと毛細血管拡張はちょっと違うので赤ちゃんの
毛細血管のレーザーではできません」といわれ逆にほっとしました。」
=>
「ちょっとずるかったかなとも思いつつ」
とは御相談者は
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は「もうさいけっかんかくちょうしょう」
ではないことの知識がおありになったから。
=>
「「いや酒さと毛細血管拡張はちょっと違うので赤ちゃんの
毛細血管のレーザーではできません」といわれ逆にほっとしました。」
とは
「お受けもちの先生」が明確に
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」を「あかちゃん」の
「イチゴ状血管腫」のような「毛細血管:もうさいけっかん:capillary」
の「塊かたまり」とは違う・
と「おっしゃられ」
=>
治療は不可能ではあるけれども
正しい「診断戦略」の先生にであわれてほっと
されのであろうと思います。

##6
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」を
「Vビームレーザー」を「用いてみては」という発想は
「Vビームレーザー」の製造元である
「「キャンデラ社(米国マサチューセッツ州ウェイランド)」
の「宣伝文句」にもよります。
当院にも
「Vビームレーザー」は各種御座います。
けれども「本物の「血管腫」」以外には用いません。

 

 

 

#3
##1
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんは
御相談者の御相談内容要旨御記載のとおりに悩まれるものです。

##2
その原因は
###1
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関しては「皮膚科専門医」先生でも
「皮膚科専門医先生」御自身が詳しくないことが極めて多い。

###2
知識の「有無」の問題だけではないのだけれども
結果御相談者のように明確にレーザー治療・レーザー外科以外に
治療法のない
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」であっても。
単純に「赤ら顔」といった
医学用語ではない
適切な表現が思い浮かばないのですが
素人レベルの「診断レベル」で「難易度の高い「病態」」に
挑み
「「できないはずの」治療」をしようとしても患者さんは
この状況に気づかないはずはなく苦しむ。

###3
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の場合に限らず。
「皮膚科専門医」先生が」
「レーザー光照射装置」の「レーザー光照射」を修練されたこともなく
全く御経験もないことがあります。
=>
このような場合
患者さんのほうが「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
のレーザー治療・レーザー外科に関する知識は「遥かに高い」という
他のレーザー治療・レーザー外科の適応になる「病態」とは異なる」
「逆さや現象:ぎゃくさやげんしょう」が発生するために。
=>
患者さん御自身が医師との「対応」に疲れるようになります。

###4
「レーザー光照射」自体の難易度が最も高い「病態」の一つが
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」です。
用いる「レーザー光照射装置」も
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
であり患者さん自身がさまざまな「レーザー光照射装置」
の中でも始めて体験する「レーザー光照射」になる。
この「感覚」は
何回か患者さんが皮肉にも「藁をもすがる思いでその結果失敗しないと」
到達できない「感覚」です。

###5
その他

##3
##2のように
このようにして「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
患者さんは
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「症状・症候」で
辛い思いをされながら。
藁をもすがる思いで「間違った治療法」でも
とびつき「ひどくなり」の輪からぬけだすまでに
「決断」がつくまでに・時間が必要になります。

##4
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」を
「Vビームレーザー」を「用いてみては」という発想は
「Vビームレーザー」の製造元である
「「キャンデラ社(米国マサチューセッツ州ウェイランド)」
の「宣伝文句」にもよります。

##5
当院にも
「Vビームレーザー」は各種御座います。
けれども「本物の「血管腫」」以外には用いません。

 

 

 


#4
##1
「昨年まで10年近く結果としてはあちこちの美容外科や形成外科を9件くらい
(正確に施術をしていただいたのが5件・施術を希望しなかった美容外科
は4件あります)回りました。

どこの美容外科や形成外科もきまりきって「赤ら顔」という診断で
きまりきって「毛細血管拡張症」が原因といわれます。」
との事です。
=>##2

##2
「もうさいけっかんかくちょうしょう」=
「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:telanngiectasia」は
「血管腫」です。
生まれたときから存在する「血管腫」の一種です。

##3
「御顔」に
「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:telanngiectasia」が
できているとあれば
「Sturge-Weber Syndriome(スタージウエーバー症候群)」
でしょうか・と
患者さんは「お受けもちの先生」にたずねてもよいと
思います。
「もうさいけっかんかくちょうしょう」=
「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:telanngiectasia」=
「血管腫」は「そう簡単に「御顔」にでたら大変です」。

##4
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」を
「Vビームレーザー」を「用いてみては」という発想は
「Vビームレーザー」の製造元である
「「キャンデラ社(米国マサチューセッツ州ウェイランド)」
の「宣伝文句」にもよります。
これに「踊らされてはいけない」と今の私は考えます。

##5
当院にも
「Vビームレーザー」は各種御座います。
けれども「本物の「血管腫」」以外には用いません。

 

 


#5
##1
「藁をもすがる思いでしたから「赤ら顔」の診断でもいいから
酸ピーリングもしたしイオン導入もしたしレーザーもしました。
Vビームレーザーも3箇所でして頂きました。
3箇所とも結果は決まって鼻の出血になり青くなりました。
そしていずれも結果はきまっていて逆にわるくなりました。
4・5回目にいわれることは決まっていて
「あなたはVビームレーザーにはあわないからもうこないで下さい」
でした(もうなれました)。」
=>##2以後

##2
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は「脂腺疾患:しせんしっかん」
です。
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」が
複数の
「縦走毛細血管:longitudinal capillary:じゅうそうもうさいけっかん]
の周囲に断面「ちくわ状」に増殖して
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」を
形成し
この「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」の集簇
の「断面」が総合的に「御顔」の赤みとして「症状・症候」として
でるものです。

##3
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「もうさいけっかんかくちょうしょう」=
「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:telanngiectasia」のような
「血管腫」ではありません。

##4
だから「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんが
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」を
「もうさいけっかんかくちょうしょう」=
「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:telanngiectasia」
と間違えられて
「Vビームレーザー」を「レーザー光照射」されれば
「血管」自体は赤くなりません。
=>##5

##5
「Vビームレーザー」は「「血管腫」のレーザー」
ですが「血管」自体は赤くなく白いものです。
毛細血管とて同様です。
「血管」の中を流れる「赤血球=「赤い」」のを利用して。

##6
毛細血管内を流れる「赤血球=「赤い」」を
破壊してその余剰「エネルギー」にて血管壁を破壊するものです。

##7
本物の「血管腫」の場合は
「Vビームレーザー」で血管を破壊する必要があり
そのための「Vビームレーザー」ですが
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は「血管腫」では
ありませんから
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんに
「Vビームレーザー」を照射すれば
当然「皮下内出血」を起します。

##8
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」を
「Vビームレーザー」を「用いてみては」という発想は
「Vビームレーザー」の製造元である
「「キャンデラ社(米国マサチューセッツ州ウェイランド)」
の「宣伝文句」にもよります。

当院にも
「Vビームレーザー」は各種御座います。
けれども「本物の「血管腫」」以外には用いません。

 

 

 

 

#6
##1
「藁をもすがる思いでしたから「赤ら顔」の診断でもいいから
酸ピーリングもしたしイオン導入もしたしレーザーもしました。
Vビームレーザーも3箇所でして頂きました。
3箇所とも結果は決まって鼻の出血になり青くなりました。
そしていずれも結果はきまっていて逆にわるくなりました。
4・5回目にいわれることは決まっていて
「あなたはVビームレーザーにはあわないからもうこないで下さい」
でした(もうなれました)。」
との事です。

##2
「Vビームレーザーも3箇所でして頂きました。
3箇所とも結果は決まって鼻の出血になり青くなりました。
そしていずれも結果はきまっていて逆にわるくなりました。
4・5回目にいわれることは決まっていて
「あなたはVビームレーザーにはあわないからもうこないで下さい」
でした(もうなれました)。」
との事です。

##3
「血管腫」ではない患者さんを
「Vビームレーザー」で欺(あざむ)けるのは
「4・5回」が限界でしょう。

##4
「4・5回目にいわれることは決まっていて
「あなたはVビームレーザーにはあわないからもうこないで下さい」
でした(もうなれました)。」

「貴方の体質は「Vビームレーザー」に合わない」
「もうこないで下さい」
は「強い口調ではなかったとは思います」。

##5
けれども内容は極めて「わかりやすい」ですね。
「いわばマニュアル化された「御話しのしかた」」
なのであろうと今の私は考えます。

##6
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」を
「Vビームレーザー」を「用いてみては」という発想は
「Vビームレーザー」の製造元である
「「キャンデラ社(米国マサチューセッツ州ウェイランド)」
の「宣伝文句」にもよります。

当院にも
「Vビームレーザー」は各種御座います。
けれども「本物の「血管腫」」以外には用いません。

 

 

 

 


#7
##1
「「32才女性です。大阪在住です。
鼻の酒さで悩みに悩んでいるまま10年近くたちました。
もう5年前から山本先生の相談をよく読ませて頂いております。
3年前から山本先生でないとだめだなあと確信するようになりました。」
=>
有難うございます。

##2
「3年くらい前から貯金をし山本先生の
酒さのレーザーをしていただけるようになり60-70回は
レーザーが通院費用も含めて可能です。

幸い勤め先が(水曜日)が休みです。
規則正しく通院は可能です。」
=>
宜しかったです。
綺麗に直したいですね。
私も頑張ります。


##3
「山本先生がレーザー外科を決断された患者さんしか拝見されない
ことはよく存じております。」
との事です。
=>
「レーザー光照射装置」による「レーザー光照射」の必要のある
患者さんの「症状・症候」は「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
であれば或いは「傷痕」であれば
「御話しを御電話で伺えば」まず100%に近く把握できます。
=>
「レーザー光照射」の方法や「テクニック」は
毎回の「症状・症候」でどんどん変わります。
=>
患者さんが「しっかりと決断され」
「高い「御費用」を払われて」「レーザー光照射」の
ご希望があれば。
私も「まな板の上の鯉」にならざるを得ません。


##4
「来週そうそうから是非とも予約をお願いしようと思っています。
(実は中にははいりませんでしたが上京のおりに世田谷区の山本先生の
山本クリニックには何回か通院訓練をしておりました(笑))」
との事です。
=>
是非とも「おあがりいただければ宜しかったのに」
と思います。
どうぞ「肩の荷」をおろされてリラックスされて
お越し下さい。

 

 

 

#8
##1
「酒さには身をもって体験した知識が沢山つまっています。

今までの私の経過から世田谷区の山本クリニックの山本先生
が御読みいただいて何でも結構です。
注意することがあれば教えていただけますか。

お忙しいところを申し訳ございません。」
との事です。

##2
「酒さには身をもって体験した知識が沢山つまっています。」
との事です。
=>
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんに限らず
「レーザー光照射」を「しっかり受けたい」という患者さんは
皆様「身をもって体験した知識が沢山つまっています。」
=>##3

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載から
御相談者が「酒さには身をもって体験した知識が沢山つまっています。」
の状況がとてもよく
眼に浮びます。

##4
私の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「レーザー光照射」を受けられるうちに
「酒さには身をもって体験した知識が沢山つまっています。」は
「さらに上質な情報に書き換えられていかれる」と
今の私は考えます。

##5
「今までの私の経過から世田谷区の山本クリニックの山本先生
が御読みいただいて何でも結構です。
注意することがあれば教えていただけますか。」

「照射回(日)は週一回(日)のペース」で規則正しく
また「レーザー光照射」の定刻横着時間より
余裕をもって「お早めに」ということと
「「レーザー光照射」にはガッツが必要」ということを
何卒に御理解下さい。

##6
あと
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんは
「脳神経外科専門医」の眼からみると
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」の患者さんの
「85%」に「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」を御持ちであり。
「皮膚外科医師」の眼からみると
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんの
「15%」に「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
を御持ちであることが多いものです。

##7
これらは「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんにある
「もぞもぞ感」「ほてり」などの知覚障害と共に
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「副症状」と
呼称されます。
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」から
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
 [2] [2007年 1月17日 20時13分51秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/657075506243022.html
を是非ご一読下さいませ。
=>
一部
コピー致します。「★★★御参照頂けますか。★★★」

 

 

 


#9結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「脂腺疾患:しせんしっかん」であり
「もうさいけっかんかくちょうしょう」のような
「血管腫」ではありません。

##3
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんが
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」=
「脂腺疾患:しせんしっかん」を間違われて
「色素レーザー;ダイレーザー」や
「Vビームレーザー」
(「Vビームレーザー」も「色素レーザー(ダイ・レーザー)」の一種です。)
を照射されると大変なことになります。

##4
「32才女性です。大阪在住です。
鼻の酒さで悩みに悩んでいるまま10年近くたちました。
もう5年前から山本先生の相談をよく読ませて頂いております。
3年前から山本先生でないとだめだなあと確信するようになりました。
・略・」
=>
有難うございます。

「3年くらい前から貯金をし山本先生の
酒さのレーザーをしていただけるようになり60-70回は
レーザーが通院費用も含めて可能です。

幸い勤め先が(水曜日)が休みです。
規則正しく通院は可能です。」
=>
宜しかったですね。

##5
「山本先生がレーザー外科を決断された患者さんしか拝見されない
ことはよく存じております。
来週そうそうから是非とも予約をお願いしようと思っています。
(実は中にははいりませんでしたが上京のおりに世田谷区の山本先生の
山本クリニックには何回か通院訓練をしておりました(笑))

酒さには身をもって体験した知識が沢山つまっています。

今までの私の経過から世田谷区の山本クリニックの山本先生
が御読みいただいて何でも結構です。
注意することがあれば教えていただけますか。」
=>
上記御解答致しました。
御相談者は「判断」も鋭く「付け加えることは今現在思いに当たりません。

##6
御予約の御電話をお待ち致します。
医療事務・受付嬢は既に御相談者の「御電話の件」
把握致しております。

##7
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
御相談者の「つつましやかな・澄みとおる
お心持ち」が伺えます。

##8
しいての補足事項とてありません。
「レーザー光照射」の「回数(日)」ぼつどに
毎回さまざまに御話しをさせて頂きます。

##9
綺麗に直したいですね。
私も頑張ります。

##10
のう御読みになられているとは存じますが
ps
もう一度眼を通されて下さい。

 

ps1
*「御費用(消費税込み)」について
の内訳です。
++++++++++++++++++++

###1
「レーザー外科」の
術前の臨床血液検査・尿一般・尿沈査検査

###2
ポストレーザーキット(サンスクリーン(UVカット)をはじめ
5種類のポストレーザーの医療用お化粧品

###3
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
によるレーザー治療の費用

###4
ポストレーザー後の内服薬

###5
「レーザー治療」後の補液・輸液(点滴静脈注射のこと)

###6
照射回(日)修了後のアフターチエック(ご希望あれば何回でも
何年先までも無料です)
の全てを含めての「御費用」です。


###7
「難易度の高い形成外科」或は「美容外科」全般
ということになります。
当然のことながら100%実費に
なります。

###8
形成外科・美容外科の場合はそのつど
施術終了後お帰りになるときに当日の「御費用」を
お払いいただくこととしています。

###9
クレジット・カード或はローンは取り扱っておりません。
申し訳ございません。

++++++++++++++++++++

 

 

ps2
御来院の方法について。
*1
++++
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線(けいおうせん)(新宿-八王子を結ぶ私鉄)
芦花公園(ろかこうえん)駅(各駅停車しかとまりません)の
北口(北口しか出口はありません。駅の出口は1つです)
に降りられましたらば。

北口駅前に「ありま」というカフエと「お蕎麦屋さん」のある
商店街を北に「30m」お進み下さい。

セブンイレブンと本屋さんのある交差点にでます。


ここが甲州街道旧道交差点です
(行き過ぎて甲州街道新道にいかれませんにょうに)。
ここから西をみると道路の北側に面して茶色の「6階建ての山本クリニックビル」
がもう見えます。

この交差点を「左に曲がり」「西に30m」いかれると「到着です」。
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)
の1-2階(300㎡)が病院です。

病院前の道路をはさんで正面=「反対側」に
専用駐車場があります。
道路の対側にはブルーのトタン屋根の物置と専用駐車場があります。
(道路の「はすかい」に「犬猫病院」が御座います。)

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車徒歩1分・旧甲州街道沿い
で道路の北側に面しています。


地図http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/5-map.html

 

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


*2
新宿駅から京王線で当院までお越しの患者さんの場合
は下記を御参照下さい。

東京駅から新宿駅までおこしください。
新宿駅では私鉄の京王線
http://www.keio.co.jp/traffic/train/jikoku/jikoku050325/index.html
で京王線芦花公園(ろかこうえん)駅の
「北口」で降りられて下さい。

各駅停車しかとまりません。

北口をおりられてから「北西」の方向直線距離100mの
ところに山本クリニックが御座います。
けれども他のかたのおうちをよこぎるわけにはいきませんから。

北口をおりられて北口商店街を30m北に進んでください。

そこでセブンイレクンと本屋さんのある交差点が「旧甲州街道」です。
ここを「西に」(左折する)と東西にはしる「旧甲州街道」の北側に面している
茶色の「6階建て」ビルが目に入ると思います。

これが山本クリニックビルです。

左折されて(「旧甲州街道」を西に向かわれて)30m西にいくと
山本クリニックです(勿論看板はでています)。
道路の反対側には専用駐車場があります。

山本クリニックの手前には小さなマーケットアーケード
があり自動販売機が
並んでいます。

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/10-p.html
の真ん中の写真を御参考にされて下さい。

 

 

 

ps3
御予約について
++++++
完全予約制です。
朝9:00-正午(正確には10:50AM)
までが「脳神経外科専門医」としての患者さん
を拝見いたします。
他の御施設より1時間早く11:00(正確には10:50AM)
ー正午(正確には11:50AM)までが昼休みです。

勿論昼休みでも医療事務・受付嬢は常に電話に対応しています。

通常「レーザー外科・レーザー治療」の患者さんは
再診以後は11:20AMに到着していただき11:50AMから
「レーザー光照射」の履歴の古い
順番に「レーザー光照射」を行なっていきます。

但し初診のレーザーの患者さんの場合は
「サイリスレーザー外科顕微鏡:スイス製」の「症状・症候」
の拝見しまた「レーザー光照射装置」のオリエンテーションを
させて頂きますから9:50Mにお越し頂くようにご案内を
させて頂いております。
11:50ー13:00(14:00)pm弱までがレーザー治療・レーザー外科手術時間帯。
13:00時pmから再び「脳神経外科専門医」の時間に戻ります。

11:50amからレーザー外科の時間帯になり
概ね「御初診」の場合「レーザー光照射」は
12:30pmくらいから始まります。
「レーザー光照射」の時間は14分ですが
12:30pmから「御初診」のかたは「レーザー光照射」
が始まってからお帰りいただくまで1時間ほど
お時間を頂きます(再診の方も同様です。)


日曜・木様が休診日で御座います。
祝日は木曜日と重ならないときのみ診療を「休日体制」
としてご予約すみの患者さんのみ診療・「レーザー光照射」を
いたしていることが多いです。

++++++

 

 


------------------------------------------------------------
ps4

「レーザー光照射」の方法と実際。

##1
「レーザー光照射」の方法ですが
基本的には
照射回(日)は週一回(日)のペースで最低36-40回(日)
は必要です。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。
或いは「病態」により40-46回数(日)は
必要です。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。

##2
例えば「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の場合など
「部位と範囲」が「面積的「病態」」の場合

###1
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「手のひら1枚分」
以内であれば
1回(日)の照射の「御費用」は5万円です。
この「部位と範囲」で「ショット数」は
1回(日)で5000ー10000「ショット」
です。

###2
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「手のひら1枚分」を
こして「御顔の半分」までは
1回(日)の照射の「御費用」は8万円です。

###3
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「御顔全体」であれば
1回(日)の照射の「御費用」は16万円です。

##3
毎回「レーザー光照射」のたびに「御費用」を
戴くことになります。

##4
問題は今現在レーザー治療・レーザー外科は
「土曜日」は御予約が一杯の状態
であることが多いことなのです。

##5
また土曜日が「通常照射日」に設定される場合であっても。

##6
申し訳ないのですが原則として
第1日(初診レーザーぼ日)
は平日の9:50AMに到着していただきます。

「初診」の日から「レーザー光照射」をおこないます。

すなわち
第1日は平日の午前9:50AMに到着していただき
「症状・症候」を「サイリス=「レーザー外科」独特の顕微鏡(スイス製)」
で拝見して「レーザー光照射」のオリエンテーションを
させて頂きます。

この時間で「50分」位は必要です。
これが終了したら

11:50AMより「レーザー光照射」の履歴の
古い患者さんの順に「レーザー光照射」を
進めていきます。
順番をお待ちいただきます。

「レーザー光照射」時間は15分です。
御自分の「レーザー光照射」が始まってから「1時間」は
院内におあずかり致します。


##7
また再診以後は11:20AMに到着していただき
11:50AMより「レーザー光照射」の履歴の
古い患者さんの順に「レーザー光照射」を
進めていきます。

##8
「レーザー光照射」時間は15分ですが
「レーザー光照射」のあとに
「ヘルペス抗体価」の採血+
細胞外液の「補液・輸液(点滴静脈注射のこと)療法」
を行います。
御自分の「レーザー光照射」が始まってから「1時間」は
院内におあずかり致します。

##9
「初診」の「レーザー光照射」に関しては
ps1に御記載したとおりに準じます。
「臨床血液検査」にて肝炎抗原抗体検査その他「感染症臨床血液検査」
に加えて
「甲状腺機能異常」の有無その他を含めた
「内科的な背景要因」の有無と程度を完璧に行える
「臨床血液検査」を行い内科的・外科的に「臨床診断学」から
「検査」させて頂きます。
=>「御費用」の内訳にはいります。


##10
御予約の時間よりいくら早くおこし戴いてもかまいません。
遠方の方など待合室で「お弁当をたべられていらっしゃいます」
アットホームな環境です。
けれども逆に御予約の時間からは絶対に遅れないで下さい。


------------------------------------------------------------

ps5
##1
当院に通院されるレーザー治療・レーザー外科の
患者さんは「美容外科」に相応致します。

##2
このレーザー治療・レーザー外科の通院中の
「美容外科」
の患者さんが当院通院中に。
ちょっとした病気かなと思われたとき
「無料で外科・内科・耳鼻咽喉科」
の診療を致します。

##3
たとえば「かぜをひいたかな」あるいは
「おなかがいたいな」あるいは「たいちょうふりょうだな」
等のばあいです。

##4
レーザー治療・レーザー外科の「御費用」に
含まれるものとして無料でこれらの診療を行ないます。

##5
だから安心されて御通院されて下さい。
-------------------------------
ps6
「ps5は
お仕事の合間にあるいはお休みの日に
「レーザー光照射」をされるかたが
「御遠方」でも「お近く」でも
「御体調をきにされずに」安心して御通院いただきたいと
思う私の考えかたです。

たとえば「かぜをひいたかな」あるいは
「おなかがいたいな」あるいは「たいちょうふりょうだな」
等のばあいです。

レーザー治療・レーザー外科の「御費用」に
含まれるものとして無料でこれらの診療を行ないます。

だから安心されて御通院されて下さい。
-------------------------------

 

 

 

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

 

 

 

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

 

 

 

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 


<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
Template and Photo by Crimson Road

忍者ブログ [PR]